車で1時間、ルイジアナ州の州都へ行こう

ニューオーリンズから車で1時間ほどのところにある、バトンルージュを訪れました。ここはルイジアナ州の州都であり、友達が生まれ育ったところでもあります。彼曰く「ここには数々のプランテーションや歴史的な建築物、それに巨大ショッピングモールなどがあって見どころも満載。もちろん、本場のルイジアナ料理が味わえるレストランも揃ってるよ」とのこと。ニューオーリンズからちょっと足を伸ばして、日帰りバトンルージュ旅行を楽しんできました。

せっかくだから行っとこう! ルイジアナの州都、バトンルージュへは日帰りで せっかくだから行っとこう! ルイジアナの州都、バトンルージュへは日帰りで

歴史的建築物の数々は見応えも十分!

旧州会議事堂(Old State Capitol)や旧州知事邸宅(Old Governor's Mansion)、そしてルイジアナ州会議事堂(Louisiana State Capitol)など、バトンルージュの美しい歴史的建築物は見応えも十分。中でもダウンタウンにある34階建てのルイジアナ州会議事堂は、細やかなデザインが施された内装はもちろん、最上階の展望台から一望できる街並みがとてもすばらしく、思わず見とれてしまったほどです。こんなに高い建物に上るのはアメリカ南部へ来て初めてだったので、感動もひとしおでした。ちなみにここではルイジアナの歴史や政治について学べますが、ルイジアナの文化を知りたいならぜひキャピタルパーク博物館へも足を運んでみてください。

「買い物天国」とも言われるバトンルージュ

「モールオブルイジアナ」は、175店の規模を誇る大型ショッピングモール。他にも「パーキンスロウ」や「タンガーアウトレット」、「タウンセンターアットシーダーロッジ」など、バトンルージュには数多くのショッピングモールが揃っています。しかも海外からの旅行者はルイジアナ州税が免除されるため、州売上税が現金で返還されるといううれしいおまけ付き。さすが「ショッピング天国」の別名を持つだけありますよね。

美しいプランテーションも一見の価値あり

バトンルージュの近郊には、南北戦争以前に建てられた豪華な邸宅がいまだに残っています。例えば「マートルズプランテーション」や「ノッタウェイプランテーション」、「ホーマスハウス&ガーデンズ」には、車で簡単に訪れることができますよ。友達が連れて行ってくれた「マートルズプランテーション」は、1794年に建てられた邸宅。ガイドツアーに参加して、美しくデコレーションされた邸宅内部や手入れの行き届いた庭をじっくり見て回りました。アメリカ南部に来たら、やはりこうしたプランテーションも見学しておきたいものです。