ボストングルメ・料理ガイド

ボストングルメガイド

ボストンのグルメ・伝統料理

ボストンは海に面していることから魚介類が豊富で、アメリカでも比較的グルメな人が多い地域です。その中でも名物といったらロブスター、クラム(貝)を使ったニューイングランド・クラムチャウダーです。オイスターが美味しく、生ガキを食します。またベークド・ビーンズ(ポーク・ビーンズ。これは、インゲンマメと豚肉かベーコン、野菜を煮てトマト・ケチャップで味付けしたもの)も伝統料理で、肉料理の添え物として食事にでます。(2015年編集部調べ)


ボストンのレストラン・屋台

LEGAL SEAFOOD(リーガル・シーフード、シーフード)は、市内数店舗あり、素材の質がいい。クラムチャウダー、ロブスター、シオピーノ(ブイヤベース)がお勧めのメニューです。UNION OYSTER HOUSE(ユニオン・オイスター・ハウス、シーフード)は、アメリカで一番長く営業を続けているレストラン。(1826年創業)生牡蠣のカクテル、ロブスター等が美味しい。CLIO(クリオ、アメリカン・フレンチ創作)は、セレブ・シェフ、ケン・オリンジャーの店。ZAGATで最高点(28点)、Best of Bostonにも数回選ばれています。

ボストンの水・お酒

アメリカではミネラルウオーターがよく飲まれます。水道水は飲む事や料理に使うことはできますが、水が変わると体調を崩すこともあるので、ミネラルウオーターを利用した方が安心です。レストランで水を頼むと水道水かミネラルウオーターどちらにするか尋ねられるので、ミネラルウオーターを頼みましょう。お酒は、アメリカはやはりビールの国であり、ボストンにもSamuel Adams、Harpoonなどの濃い目のAle、地ビールがあります。


現地ガイド発!ボストンのグルメ・料理最新情報

2016/09/24 グルメ

ボストンの贅沢〜ロブスターを食べたい!

ボストン旅行イメージ-ボストンの贅沢〜ロブスターを食べたい! ボストンの贅沢〜ロブスターを食べたい!

アメリカのボストンほど、歩いて観光しやすい町はないかもしれません。市内中心部にある広大な緑の公園、「ボストンコモン」から、赤いラインのフリーダムトレイル沿いに歩けば、旧州議事堂やボストン虐殺地跡などの歴史的な場所はもちろんのこと、クインシーマーケット、歴史的な木造の建造物が保存されているポール・リビアの家など、ボストンの主だったところを自動的に回れるのです。始点から終点まですべて歩いて、丸1日の行程になります。この道は、もとはイギリスの農村部を楽しく歩く道「フットパス」を参考に作ったのではないのかなあと僕は思っています。なにしろイギリスでは100年の伝統を持ち、足跡の表示がトレードマークになっ…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ボストングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるボストンの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ボストンのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!