page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ボストン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

迷子にならない工夫もされた、ボストン観光の定番「フリーダムトレイル」


掲載日:2007/08/30 テーマ:観光地・名所 行き先: アメリカ合衆国 / ボストン

タグ: ウォーキング


この赤い線は何?!

これは赤いレンガで作られた線。こういう線を目にしたら、それはフリーダムトレイルの目印です! これは赤いレンガで作られた線。こういう線を目にしたら、それはフリーダムトレイルの目印です!

ボストンの中心地を歩く時、よく目にするのが歩道に描かれた赤い線。その赤い線はペンキで書かれていたり、レンガで作られていたり、歩道によって様々です。しかし、この赤い線っていったい何?!
実はこれ、この赤い線に沿って歩けばボストンの主たる観光名所を見て回ることができる「フリーダムトレイル」と呼ばれる道なんです。この線が観光名所に導いてくれるだけでなく、沿って歩いていれば迷子にだってならないんです!

自由への道、フリーダムトレイル

フリーダムトレイルの地図が書かれた看板をいくつか街中で目にします フリーダムトレイルの地図が書かれた看板をいくつか街中で目にします

昔、アメリカはイギリスの植民地でした。そのイギリス支配から独立する動きが始まったのが、ここボストンから。その為ボストンにはアメリカ建国の歴史に深いつながりのあるスポットが沢山あります。そのスポットをつないでいるのがこのフリーダムトレイル。全部で16ヶ所の名所をつないでいます。この「フリーダムトレイル」という名は、自由の国アメリカを目指した当時の人達の軌跡を辿る道として、1958年1人の新聞記者によって付けられました。
この道は国立歴史公園の一部でもあり、アメリカで最も有名な「ウォーキング・ツアー」としても知られています。

16ヶ所の名所とは……

ボストン・コモンの観光案内所。この前から赤い線はスタートしています ボストン・コモンの観光案内所。この前から赤い線はスタートしています

フリーダムトレイルの出発点はボストン・コモンという公園内にある観光案内所の前。この観光案内所は地図や資料を豊富に置いているので、歩き始める前にちょっと覗いてみて下さい。
16ヶ所を巡るトレイルは、アメリカで一番古い公共の公園「ボストンコモン」から始まり、現在使われている州議事堂や昔使われていた州議事堂、独立戦争時活躍した人達が眠る墓地や教会、独立のきっかけとなった「ボストン虐殺事件」の跡地、イギリス軍の奇襲をいち早く自軍に知らせ、ヒーローとなったポール・リビアの像や家、世界最古の航行可能な就役軍艦、バンカーヒルの戦いがあった丘に建てられた記念塔などを見て歩きます。

約4kmの道のり。歩きやすい靴は必須です!

市内観光トロリーツアーバスのひとつ。他にも赤や白やシルバーなどのトロリーが走っています 市内観光トロリーツアーバスのひとつ。他にも赤や白やシルバーなどのトロリーが走っています

しかし、フリーダムトレイルを歩くといっても、道のりは約4km。
普通に歩いても3時間はかかり、各建物内をじっくり見たりすると1日がかりになるか、人によっては時間が足りなくなってしまうことも。なので、1日で全部を歩くのではなく、2日に分けて歩くことをオススメします!
また、その日のうちならチケットを見せれば乗り降り自由な運転手さんのガイド&面白トーク付き(英語)トロリーツアーバスもいくつか出ているので、それに乗ってみるのも良いかもしれません。(各社のチケット代 US$28〜32、約3,200円〜3,700円)
歩いても良し、トロリーに乗っても良し、ボストン観光の定番と言われるフリーダムトレイルを回ってアメリカ建国の歴史を学んでみませんか?

【関連情報】

■Old Town Trolley Tour(オールドタウン・トロリーツアー)
URL:www.oldtowntrolley.com/boston.htm(英語)
電話番号:(+1)617-269-7010
参加料金:大人US$32(約3,600円)、子供(3〜12歳)US$10(約1,100円)、シニア(60歳以上)US$28(約3,200円)
チケット購入場所:シェラトンホテル、マリオットコープリーホテル、ボストン・コモン、アクアリウム駅前、プルデンシャルセンター内、ファニュエルホール などのチケットボックス
その他:運転手のガイドは全て英語のみ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索