page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ボストン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

食事もショッピングも一度に楽しめちゃう、クインシーマーケット


掲載日:2007/11/27 テーマ:観光地・名所 行き先: アメリカ合衆国 / ボストン

タグ: おもしろい お土産 グルメ ショッピング


いつでも人で賑わっているクインシーマーケット

ダウンタウンにあるクインシーマーケットはボストン観光名所のフリーダムトレイル沿いにあるので、観光客でいつもいっぱい ダウンタウンにあるクインシーマーケットはボストン観光名所のフリーダムトレイル沿いにあるので、観光客でいつもいっぱい

いつ行っても沢山の人で賑わっているのが、ダウンタウンにあるクインシーマーケット。ここは長方形の建物が3棟並び、左右の建物にはレストランやパブ、ショップなどが入っていて、真ん中の建物はフードコートとなっています。なので、気軽に食事をとれたり、1ヵ所で色々なお店を見て回ることが出来ると、観光客にとても人気の高いスポットなのです。また、インフォメーションセンターもあって観光名所のパンフなども手に入るし、ツアーチケットの売り場もあるのでとっても便利。

色々あって目移りしちゃうフードコート

フードショップは色々なお店が並んでいて目移りしてしまいます フードショップは色々なお店が並んでいて目移りしてしまいます

フードコートになっている真ん中の建物に入ると、ずら〜りとカフェやフードショップが並び、どれを食べようか悩んでしまうほど。サンドイッチやバーガー、ピザ、パスタ、ホットドック、中華にカレーにお寿司まで何でもござれ。もちろんデザートだってアイスやケーキ、クッキーなどなど。もう目移りしっぱなしです。とりあえず端から端までどんなお店があるのか一通り見てから決めるのも良いかもしれませんよ?
建物の中心にはテーブルとイスが置いてありますが、お昼時・夕飯時にはいつも混雑しているので席の確保が大変!少し時間をずらしてみるのも手かも!?

お土産選びはここのお店で?

洋服から小物、アクセサリー、インテリアグッズ、キッチン用品などなど。見て回るだけでも楽しいですよ! 洋服から小物、アクセサリー、インテリアグッズ、キッチン用品などなど。見て回るだけでも楽しいですよ!

両サイドの建物はノースマーケットとサウスマーケットと呼ばれ、レストラン、バー、多数のショップが入っています。お店はギフトショップもいくつか入っているので、お土産選びにも便利。ボストンに関するお土産店だったり、ボストンのスポーツチームグッズ(レッドソックスもあります!)を売っているお店だったり。あと小さめだけれど、ボストン美術館のギフトショップも入っているので、美術館でお土産を買い忘れたー!という時も大丈夫。わざわざ美術館へ戻らなくっても、ここで手に入れることだってできちゃうのです。

大道芸人たちが集まりパフォーマンスを披露

全身銀色だったり、茶色だったり、真っ白だったりする銅像に扮する人は台の上に立っていることが多いので、目に留まりやすいですよ! 全身銀色だったり、茶色だったり、真っ白だったりする銅像に扮する人は台の上に立っていることが多いので、目に留まりやすいですよ!

また、土日・祭日にはストリートパフォーマー達がここに集まり、訪れた人たちを楽しませてくれます。
ダンスや音楽、マジックなどパフォーマンスは色々ですが、中でも面白いのが銅像に扮した人!彼らはジーッと身動きせずに立っているので、近くに行って初めて人間だったのか!と気付くことも。一緒に写真を撮る時は彼らの前に置いてある箱にお金を入れて下さいね。そうすると身動きしなかった銅像さんが動き出し、ポーズをとってくれますよ!旅行の記念に1枚いかがでしょう?

【関連情報】

■クインシーマーケット(又はファニュエルホール・マーケットプレイス)
URL:www.faneuilhallmarketplace.com/(英語)
最寄駅:グリーンライン・Government Center駅、オレンジライン・State駅、ブルーライン・Aquarium駅 などより徒歩数分
営業時間:月〜土 10:00〜21:00、日曜 12:00〜18:00(レストランによっては時間が異なる場合あり)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索