page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ボストン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ハーバード大学所有の3つの美術館で多様な芸術にふれる


掲載日:2007/12/19 テーマ:観光地・名所 行き先: アメリカ合衆国 / ボストン

タグ: すごい! 美術館


ハーバード大学所有の美術館は3つ

Fogg美術館を入るとイタリア・ルネッサンスの美しい中庭が目を引きます Fogg美術館を入るとイタリア・ルネッサンスの美しい中庭が目を引きます

世界でも名の知れたアメリカの名門ハーバード大学。そのハーバード大学が所有する美術館をちょっとのぞいてみませんか? 大学所有の美術館は3館あり、各館大きすぎも、小さすぎもせずの丁度良い広さなので見て回るのにさほど疲れないのが嬉しいところ。3つの美術館は地域やテーマ別に分かれているので全館見ても興味深いけれど、あまり時間のないという方は好きな分野だけを見て回るのもいいかもしれません。

西洋美術ならフォッグ美術館へ

フォッグ美術館にあるルノワールの作品「Seated Bather」 フォッグ美術館にあるルノワールの作品「Seated Bather」

一番オススメなのが「Fogg Art Museum(フォッグ美術館)」。ここは中世から現代までの西洋美術を主に展示しています。モネ、ドガ、ルノワール、ゴッホ、マネ、ピカソ、ロダンなどの有名な芸術家の絵画や彫刻なども数点あり、「これ、美術の教科書で見たことがある!」と思わず叫んでしまいたくなるくらい、一度は本や何かで目にしたことのあるような作品も展示されています。さすが名門ハーバード大学所有の美術館…と唸ってしまうほど、かなり質の高いものとなっています。

ドイツ・北欧美術ならブッシュ・ライジンガー、東洋美術ならサックラー美術館へ

ブッシュ・ライジンガー美術館の展示物はドイツ美術が主なだけあって、グリム童話で知られる「ブレーメンの音楽隊」の銅像がありました ブッシュ・ライジンガー美術館の展示物はドイツ美術が主なだけあって、グリム童話で知られる「ブレーメンの音楽隊」の銅像がありました

フォッグ美術館の建物に併設され、2階の通路を通って行くことができるのが「Busch-Reisinger Museum(ブッシュ・ライジンガー美術館)」。ここは主にドイツや北欧などの現代美術が展示されています。とても小さい美術館だけどドイツ美術を扱う人にとっては内容はかなり濃いものなのだとか。
一旦外に出て、通りを渡ると近代的建物の「Arthur M.Sackler Museum(アーサー・M・サックラー美術館)」があり、こちらは東洋美術を主に展示しており、見慣れた仏像などが置かれているので親近感がわくかも?!
各美術館は時々展示物が変わったり、特別展示会が行われたりするので、行く度に違う美術品に出会うこともあります。寒い冬は美術館で芸術を楽しんでみてはいかがでしょう?

【関連情報】

サックラー美術館は近代的な建物で、壁に挟まれたようなこの階段を上って2階、3階へいきます(エレベーターもあり) サックラー美術館は近代的な建物で、壁に挟まれたようなこの階段を上って2階、3階へいきます(エレベーターもあり)

■ハーバード大学美術館(3館共通)
住所:32 Quincy Street, Cambridge
アクセス:電車レッドライン Harvard Square駅より徒歩約5分
電話:1-617-495-9400
URL:www.artmuseums.harvard.edu/home/(英語)
開館時間:月〜土 10:00〜17:00、日曜日13:00〜17:00
休館日:祝日
入館料:$9(3館全部入館できます)18歳以下無料、土曜10:00〜12:00までは無料、毎日16:30以降は無料
館内ガイド付きツアー時間:フォッグ美術館・月〜金11:00、ブッシュ・ライジンガー美術館・月〜金13:00、サックラー美術館・水14:00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索