page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ボストン・オペラ・音楽の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界3大コンサートホールの一つ、「シンフォニーホール」でクラシックを堪能!


掲載日:2007/12/25 テーマ:オペラ・音楽 行き先: アメリカ合衆国 / ボストン

タグ: 音楽 美しい


小澤征爾さんが在籍していたボストン交響楽団

1900年に建設されたシンフォニーホール。ここのシートは当時からのオリジナルを今も使用しているのです 1900年に建設されたシンフォニーホール。ここのシートは当時からのオリジナルを今も使用しているのです

クラシック音楽と聞くとヨーロッパを思い浮かべてしまいますが、ここアメリカにも素晴らしいオーケストラが沢山あるのです!その一つが“ボストン交響楽団”。
今年で127年目を迎えたこの交響楽団は世界的にも名を知られており、アメリカ5大オーケストラの一つでもあります。日本では小澤征爾さんが音楽監督として長年在籍していたことでも知られていますよね!
その交響楽団がここボストンにあるシンフォニーホールでクラシック音楽を演奏するのは10月〜4月の間だけ。公演期間内にはゲストとして著名な指揮者や楽器演奏者、声楽家達も参加します。この期間にボストンを訪れるのなら、是非ともシンフォニーホールに足を運んで素晴らしい音楽を聴いていって下さい!

素晴らしい音響効果を体験してみて!

毎年一流のゲストが呼ばれるので、彼らの演奏を聴くのも楽しみのひとつ 毎年一流のゲストが呼ばれるので、彼らの演奏を聴くのも楽しみのひとつ

また演奏だけでなく、もう一つ注目してほしいのがこの“シンフォニーホール”。
なんと、音響効果が素晴らしいと、世界3大コンサートホールの一つに選ばれているほどなのです。音響効果が素晴らしいのもそのはず。この建物の設計には建築家の他に、当時ハーバード大学の助教授であった物理学者ウォーレス・クレメント・セイビン氏が携わっており、音の響き方や残響など色々な角度から検討・計算され、科学的な根拠を持って設計されているのです。
なので、どこの席に座っても心地よく音をとらえることが出来るのだとか!

お得な“ラッシュチケット”

シンフォニーホールは、シンフォニー駅を降りると目の前にあるのでわかりやすい! シンフォニーホールは、シンフォニー駅を降りると目の前にあるのでわかりやすい!

そんな本格的クラシックを、なんと$9で楽しむ事ができる方法があるんです!
その方法とは、当日決まった時間に並んでチケットを買うだけ。このチケットは“ラッシュチケット”と呼ばれ、対象となるコンサートは火・木曜日の夜分と金曜日のマチネ分のみ。これが手軽にボストン交響楽団の演奏を聴けると地元の人にはなかなかの人気で、販売開始時間前にはシンフォニーホールの前に長い列が出来るほど。これは余ったチケットを販売しているので席を選ぶ事は出来ないし、友達と並んでも連番席が取れなかったり。そして先着順なので必ず買える保障は無いのが難点。どんな席でも気にしないから、安いチケットで楽しみたい!という人にオススメです。

【関連情報1】

■Boston Symphony Orchestra(ボストン交響楽団)
住所:Symphony Hall, 301 Massachusetts Avenue, Boston
アクセス:電車グリーンEラインのSymphony駅目の前
URL:http://bso.org/(英語)
電話:1-617-266-1200(チケット購入専用)

【関連情報2】

・ラッシュチケット
対象コンサート:火・木曜 20:00〜、金曜 13:30〜
販売開始時間:火・木曜分 17:00〜、金曜 10:00〜
販売場所:シンフォニーホールのチケット販売所
金額:$9(現金払いのみ)
注意:チケットは先着順で、1人1枚のみの販売。2人で並んでも連番の席が取れるとは限りません。

・シンフォニーホール内のツアー
ツアー期間:10月中旬〜12月上旬と1月〜4月の水曜日又は第一土曜日
開始時間:水曜 16:30〜、第一土曜 13:30〜
参加料金:無料
その他:ツアーはコンサートの都合上、中止になる時もあります。事前確認するのなら、電話 1-617-638-9390 か、メール bsav@bso.org へ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索