page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ボストン・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

コンサートから花火まで。イベントが盛り沢山、“アメリカ独立記念日”を一緒に祝おう!


掲載日:2008/05/21 テーマ:祭り・イベント 行き先: アメリカ合衆国 / ボストン

タグ: イベント 花火


7月4日はアメリカ独立記念日

アメリカ独立記念日(インディペンデンスデー)のパレードでは当時の服装をした人が行進したり、空砲を撃ったりします アメリカ独立記念日(インディペンデンスデー)のパレードでは当時の服装をした人が行進したり、空砲を撃ったりします

アメリカにとって7月4日といえばとっても大切な日。そう、この日は1776年にイギリス植民地から独立し、アメリカ合衆国が誕生した「独立記念日」なのです! 独立記念日の少し前から街は国旗や国旗色(赤・青・白)の飾りを至る所で目にするようになり、お祝ムードも徐々に高まっていきます。そして当日は各都市でパレードが行われたり花火が上げられたり。
そんな記念日に向けてアメリカ独立縁の地であるここボストンでは、毎年独立記念日前後の約1週間色々なイベントが行われるのです!

当日は、この日ならではのイベントが盛り沢山

Old State House(旧州議事堂)のバルコニーで行われる独立宣言書の読み上げ再現は、この日ならではのイベント Old State House(旧州議事堂)のバルコニーで行われる独立宣言書の読み上げ再現は、この日ならではのイベント

1週間弱行われるイベントの中でも、やはり一番盛大なのが独立記念日当日。パレードが行われたりバンド演奏があったり、Old State House(旧州議事堂)の2階バルコニーからは独立宣言書の読み上げ再現が行われたり。そしていつもは港に停泊して動くことのない戦艦・USSコンスティテューション号が航海に出る姿を見る事が出来るのはこの日だけ! 潮による船の侵食を防ぐ為に年に1度3時間航海に出て方向転換するのです。
さらに記念日のフィナーレを飾るのが全米でも有名なボストンポップス・コンサートと花火! これは最大の盛り上がりを見せ、独立記念日の名物ともなっているんですよ!

記念日の締めくくりは花火で盛大に!

花火はチャールズリバーの上から海外から取り寄せた花火や国旗色を使った物などが打ち上げられます 花火はチャールズリバーの上から海外から取り寄せた花火や国旗色を使った物などが打ち上げられます

その最大の盛り上がりを見せるボストンポップス・コンサートは屋外会場で開かれますが、入場人数に制限があるため朝9時の会場入場開始前から並んで待つ人も多いのです。入場許可のリストバンドをもらった後は夜の開演まで出入り自由となるので、場所取りだけして観光に出かけてもOK! 中には折り畳みイスやテントなどを持ち込み、場所取りとピクニック気分を同時に楽しみながら開演を待つ人も。コンサートは馴染みのある曲や流行りの曲が流れるので会場の人たちはノリノリです! そして全米にTV放映までされる最後の花火打ち上げと曲のコラボはもう感動もの。アメリカの独立記念日をこのコンサート会場で皆と一緒にお祝してみませんか?

【関連情報】

記念日のボストンポップス・コンサートが開かれるハッチシェルはチャールズリバー沿いにあります。夜は涼しくなったりするので念のため上着を持参することをオススメします! 記念日のボストンポップス・コンサートが開かれるハッチシェルはチャールズリバー沿いにあります。夜は涼しくなったりするので念のため上着を持参することをオススメします!

■アメリカ独立記念日(7月4日)
URL:www.bostonharborfest.com

≪2008年の独立記念日情報・7月4日(金)≫
・エスプラネードのボストンポップスコンサート
アクセス:電車レッドライン MGH駅より徒歩
会場入場開始時間:9:00〜(入場無料)
※入場者数制限があり。先着順なので早めに行って並ばないと入場できないことも。午前中には定員いっぱいになります。
演奏時間:20:30〜22:30
URL:www.july4th.org/

・花火
場所:チャールズリバー沿い
打上開始時間:22:30〜(多少開始が遅れることも)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索