page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ボストン・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

巨大な砂の彫刻を見にリビアビーチへ行こう!


掲載日:2008/06/20 テーマ:祭り・イベント 行き先: アメリカ合衆国 / ボストン

タグ: すごい! イベント ビーチ


毎年恒例イベントとなった「砂の彫刻フェスティバル」

人の背丈以上もの大きさがある砂の彫刻は、どれも細かい彫りで砂で出来ているということを忘れてしまいそう 人の背丈以上もの大きさがある砂の彫刻は、どれも細かい彫りで砂で出来ているということを忘れてしまいそう

ボストンの中心地から電車で約30分弱行ったところにあるのが、アメリカで最も古い公共ビーチとして知られるリビアビーチ。7月になるとそのビーチに巨大な砂の彫刻が現れるのです! その砂の彫刻は「ニューイングランド・砂の彫刻フェスティバル」で作られるもので、開催期間は毎年約1週間弱。
2004年に、あるイベントで砂の城を一つ作ったところとても好評だったので、翌年から恒例行事になったというこのフェスティバル、毎年多くの人が砂の彫刻を見ようとリビアビーチに集まって来るんですよ!

巨大砂彫刻に使う砂の量は?

砂を250トンも使った昨年(2007年)の巨大作品は「パイレーツ・オブ・カリビアン」。この年は映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の3作目公開年でした 砂を250トンも使った昨年(2007年)の巨大作品は「パイレーツ・オブ・カリビアン」。この年は映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の3作目公開年でした

実はこのフェスティバル、砂の彫刻を競い合う場でもあるのです。昨年(2007年)は10人の砂彫刻家たちが集まり、素晴らしい作品を披露してくれました。各自が決めたテーマに沿って作られる彫刻は、ユニークなものもあれば、繊細で美しいものも。どれも見ているだけで、作り手の熱い思いが伝わってきます
そしてコンペ対象外ですが、イベント企画団体が作る彫刻は毎年巨大で凝ったものなので今年はどんな物が現れるのだろう?と人々の楽しみともなっています。その巨大彫刻に使う砂の量は昨年が250トンだったというのだから驚き!

作成過程も楽しめちゃう

2007年の優勝作品「Apology(謝罪)」 2007年の優勝作品「Apology(謝罪)」

フェスティバルの開催期間はだいたい1週間弱ですが、前半は作成期間なので、この時期に行くと作成過程を見る事が出来ます。砂の積み上げから崩れない工夫、そして丁寧に彫る姿まで、作品の裏側を知ることができるかも!?
完成した作品を見るなら後半に行くのがオススメ! 花火を上げる日もあるので、スケジュールは要チェックです!(下記関連情報に記載のHPを参照して下さい)
彫刻を見て楽しんだ後は、ビーチでゆっくり過ごしてみるのはいかがでしょう?

【関連情報】

彫刻を見たあとは、海に入ったりビーチで日光浴を楽しむ人も 彫刻を見たあとは、海に入ったりビーチで日光浴を楽しむ人も

■ New England Sand Sculpting Festival
住所:300 Revere Beach Parkway, Revere, MA
アクセス:電車ブルーライン Revere Beach駅より徒歩1、2分
URL:www.reverebeachpartnership.com

≪2008年開催情報≫
開催日:7/14(月)〜7/20(日)
スケジュール:作成期間7/13〜15、完成7/16予定

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索