page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ボストン・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

海沿いに建つモダンなガラス張り美術館で現代アートを堪能


掲載日:2008/07/30 テーマ:美術館・博物館 行き先: アメリカ合衆国 / ボストン

タグ: お土産 すごい! 美術館


開発途中の地にポツンと建つ建物は…

夜にはライトアップされるICAの建物。ガラス張りだからこそ美しい! 夜にはライトアップされるICAの建物。ガラス張りだからこそ美しい!

市内中心部から少し南に行った現在開発中の海沿いエリアに、ガラス張りの大きな建物が2006年12月に現れました。その建物は「ICA(The Institute of Contemporary Artの略)」と呼ばれるモダンアートの美術館。
以前は市内中心部にあったのですが、もっと規模を大きくしようと現在の場所へ移転し、建物も新しくなって再オープンしたのです。
この美術館で公開されている“アート”は作品物だけでなく、音楽やダンス、パフォーマンス、映像などもあるので目でも楽しめ、耳でも楽しむことが出来ます。

常に新しいアートに出会える!

1階ロビーの壁にはどどーんと巨大作品が展示されています。この展示物も期間限定物。次はどんな作品が展示されているのか楽しみです。(他展示物は写真撮影禁止ですが、この壁の作品のみ撮影可) 1階ロビーの壁にはどどーんと巨大作品が展示されています。この展示物も期間限定物。次はどんな作品が展示されているのか楽しみです。(他展示物は写真撮影禁止ですが、この壁の作品のみ撮影可)

ICAのコンセプトが“現在注目のアーティスト作品をもっと多くの人達に見てもらおう、知ってもらおう”という事なので、展示物は期間限定がほとんど。新しい作品を一定期間展示した後はまた新しい作品が展示されるので、ちょっと間をあけて訪れれば常に新しいアーティスト作品に出会えます。だから何度来ても新鮮!
英語でのみになってしまいますが、フリーガイドツアーに参加してみると作品の奥深さがさらにわかって面白いかもしれませんよ? iPodを借りてのオーディオツアーもあるので個人のペースで回りたい人にはそちらがオススメ。

海に面しているからこその建築デザイン

4階通路からの眺めが一番人気。ヨットやビジネス街の高層ビルも見えます 4階通路からの眺めが一番人気。ヨットやビジネス街の高層ビルも見えます

もう一つ注目してほしいのがこちらの建物。コンペを勝ち抜いて選ばれたというこのデザインそのものが、すでにアートです!
4階建てのこの建物、海側のほとんどがガラス張りになっているので中からの眺めは最高!  ちょっと面白いのが4階のコンピューターが並んでいるメディアテーク。ここの窓は海に向って突き出ているので、まず見える景色は水面。なんだか水中にいるかのような気分になってしまうんです。
そして1階はウッドデッキの開放感あふれるくつろぎの場に。そこで音楽パフォーマンスをしている日もあるのでスケジュールをチェックしてみて下さいね。

ICAストアもお忘れなく

有名アーティストのデザイングッズには個々に説明もついています。ストア内もある意味ギャラリーの一つ?! 有名アーティストのデザイングッズには個々に説明もついています。ストア内もある意味ギャラリーの一つ?!

受付の後ろにあるICAストアにはキッチン用品やインテリアグッズ、おもちゃ、アクセサリー、文具、書籍など、洒落たデザインものもあれば少し変わった物もあったり、ポップで可愛い物が置いてあったり、グッドデザインの物があったりと、見るだけでも面白い
アートを堪能した後は、遊び心あふれるこちらのストアにも立ち寄ってみて下さいね! 良いお土産もここで見つかるかもしれませんよ?

【関連情報】

1階のウッドデッキ前の階段はベンチ代わりにも。海を見ながらの休憩に最適 1階のウッドデッキ前の階段はベンチ代わりにも。海を見ながらの休憩に最適

■ICA(The Institute of Contemporary Art/Boston)
住所:100 Northern Avenue, Boston
アクセス:シルバーラインCourthouse駅より徒歩約3分
電話番号:1-617-478-3100
URL:www.icaboston.org
開館時間:火・水・土・日 10:00〜17:00、木・金 10:00〜21:00
休館日:月曜日、1/1、11月の第四木曜日、12/25
入館料:大人$12、シニア・学生(ID掲示)$10、17歳以下 無料
木曜日の17時以降は無料、毎月最終土曜日はファミリー無料デー(12歳以下の子連れで大人2人まで無料)
その他:ギャラリー内、シアター内、メディアテーク内は写真撮影禁止。月曜休館ですが、マーティン・ルーサーキングJr.デー(1月)、プレジデンツデー(2月)、メモリアルデー(5月)、レイバーデー(9月)、コロンブスデー(10月)の祝日は開館しています。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索