page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ボストン・劇・ミュージカルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

クリスマスはバレエ「くるみ割り人形」と共にやってくる?!


クリスマスシーズンの定番といえば?

くるみ割り人形のダンサー。こんな大きな被り物をして踊るのだからすごい! くるみ割り人形のダンサー。こんな大きな被り物をして踊るのだからすごい!

クリスマスシーズンが近づくとアメリカやヨーロッパなどで上演されるのがバレエの「くるみ割り人形(the Nutcracker)」。
ここボストンでも毎年11月下旬から12月下旬までボストンバレエ団によって上演されます。街中で「くるみ割り人形」の宣伝ポスターを頻繁に目にするようになると、クリスマスや年末が近いんだなぁと思う人が多いのだとか。そして「くるみ割り人形」観賞を毎年の恒例行事としているという家族も沢山いるのだそうですよ!

幻想的な世界へと…

緞帳にはキレイなクリスマスの夜の絵が描かれていて、これから始まる舞台への期待も高まります 緞帳にはキレイなクリスマスの夜の絵が描かれていて、これから始まる舞台への期待も高まります

クリスマスシーズンの定番演目となった理由は、ご存知の方も多いかと思いますが、ストーリーがクリスマスの夜に起きた不思議な出来事だったから。チャイコフスキー作曲のバレエ音楽にのって子供や大人のダンサーたちが美しく素晴らしい踊りを披露し、色とりどりの衣装や華やかで幻想的な舞台は、観客達をおとぎの世界へと連れて行ってくれます。また、このバレエは美しいだけではなくちょっとコミカルなところもあり、クマやネズミの着ぐるみ達も踊るので子供達も大喜び。家族全員で楽しめるバレエとしてもオススメです!

子供の心をつかむ着ぐるみダンサー

着ぐるみの中でもクマさんは一番人気。この後舞台ではダイナミックな踊りを披露してくれます! 着ぐるみの中でもクマさんは一番人気。この後舞台ではダイナミックな踊りを披露してくれます!

劇場ホール入り口では、着ぐるみダンサー達が観客達を出迎えてくれます。クマやネズミ、くるみ割り人形もいて写真を撮る人達に囲まれ、もうアイドルなみの人気! 実はこの着ぐるみ達、ココだけではなく街で行われるクリスマスイベントにも参加したりするのです。観光途中に街でイベントを見かけたら覘いてみて。彼ら達に会えるかもしれませんよ?!
今年の冬はちょっとオシャレして、アメリカでクリスマスシーズン定番のバレエ「くるみ割り人形」を観る、なんていかがでしょう?

チケットの購入は

劇場のオペラハウスはクラシックな内装がとても素敵 劇場のオペラハウスはクラシックな内装がとても素敵

チケットは、日本からのオンライン購入ももちろんOK。特定の日に、そして確実に取るならボストンバレエのHP(下記関連情報参照)からの購入がオススメです。少しでも安く…というのであれば当日劇場窓口か、市内に2ヶ所あるチケットボックス(BosTix)で購入すれば約半額になるのでかなりお得。ただし、当日でないと購入できないことや現金でしか受付ない事、売り切れの場合もあるのでご注意を!

【関連情報】

コープリースクエアにあるBosTix コープリースクエアにあるBosTix

■ the Nutcracker(くるみ割り人形)ボストンバレエ団
会場:Opera House
住所:539 Washington Street, Boston
アクセス:電車グリーンライン Boylston Street駅、又はレッドライン Park Street駅より徒歩約3分
URL:bostonballet.org/nutcracker/
電話番号:1-617-695-6955(平日の9:00〜17:00)
≪2008年公演期間≫ 11/28〜12/28

■当日券販売チケットボックス(BosTix)
場所:Copley Square(グリーンライン・Copley駅下車すぐ)、又はFaneuil Hall(グリーンライン・Government Center駅より徒歩約3分)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索