ハーバード大学自然史博物館で地球上のあらゆる生物に出会う?!

アメリカ合衆国・ボストン・美術館・博物館の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ハーバード大学自然史博物館で地球上のあらゆる生物に出会う?!

掲載日:2010/07/17 テーマ:美術館・博物館 行き先: アメリカ合衆国 / ボストン ライター:内田よしえ

タグ: ためになる 博物館 歴史



ABガイド:内田よしえ

【アメリカ合衆国のABガイド】 内田よしえ
全ガイドを見る
アメリカ・ボストン在住。2006年から夫の都合でマサチューセッツ州ボストンにて生活することに。突然の海外生活だが、「何とかなるさ」と肩の力を抜いて日々過ごしている。レストランめぐりや街の散策が大好き。好奇心旺盛なので気になる所があれば一人でもフラリと出かけてしまうことも。「でも寒さに弱いので、冬は飼い猫と共に家で丸くなっています」

博物館は大学の敷地内にあります。建物の3階部分が博物館となっているので、1階入口を入ったらそのまま3階へ上がって下さいね 博物館は大学の敷地内にあります。建物の3階部分が博物館となっているので、1階入口を入ったらそのまま3階へ上がって下さいね

学びの場でもある博物館

自然や生物学に興味がある人にはもってこいの博物館がボストン市のお隣、ケンブリッジ市にあります。その名も「ハーバード大学自然史博物館」。そう、名前の通りこれはハーバード大学が所有する博物館ですが、もともとは大学の研究目的に作られたものなのです。館内は「比較動物学」「植物標本」「地質学・鉱物学」という3つの分野に分かれており、展示物の充実度はかなりのもの。○○学なんて言うと難しく聞こえるかもしれませんが、標本や化石、鉱物などが見られると思えばOK。意外と大人より子供の方が興味津々に見ていたりするんですよ。

 

パンフレットからも、グラスフラワーが博物館の目玉だということが伝わってきます パンフレットからも、グラスフラワーが博物館の目玉だということが伝わってきます

本物の植物じゃないの?!

この博物館の目玉と言われている展示物は、ガラスで出来た植物の標本「グラスフラワー」。植物学の授業用に実物に近く季節を問わず使える実物大の標本模型が欲しいという教授の依頼のもと、ドイツの優れたガラス職人・ブラシュカ親子が作った物なのですが、とてもガラス製とは思えないほど細部まで精巧に作られているので、本物なのでは?と目を疑うほど素晴らしい出来の標本なのです。830種以上の植物を模し、標本数は3000個以上というのだから、その数の多さにもびっくり。どこまで本物に近づけるかを追求した植物標本、これは一見の価値アリですよ。

 

ギフトショップにはユニークな物も置いてあるので、ちょっと覗いてみるのも面白いかも ギフトショップにはユニークな物も置いてあるので、ちょっと覗いてみるのも面白いかも

あまりにもリアルすぎる剥製たち

比較動物学のコーナーでは多種類の動物・鳥の剥製や魚・虫の標本などが展示されていますが、その豊富さには驚きます! 剥製は動きのついているものや、今にも噛みつきそうな勢いのあるものもあり、まさか動きだしたりしないよね?と疑いたくなるほどリアル。恐竜の骨や化石のコーナーは子供達に人気。また地質・鉱物学のコーナーでも鉱石、隕石、宝石(原石)の豊富さに驚きます。もうこの充実度は大学の所有博物館とは思えないくらいスゴイ!

 

ハーバード大学自然史博物館に隣接するピーボディ考古学・民族学博物館 ハーバード大学自然史博物館に隣接するピーボディ考古学・民族学博物館

考古学、民族学も学べます

自然史博物館だけでは物足りない方は、ぜひとも隣接するピーボディ考古学・民族学博物館へ足を運んでみて下さい。こちらではアメリカ先住民やラテンアメリカ、太平洋諸島の生活様式、文化などが伝わってくる展示物を見る事ができます。この博物館は自然史博物館の3階部分とつながっているので、アクセスは簡単。入館料も自然史博物館と共通なのでそのまま入る事ができますよ!

 

【関連情報】

■ハーバード大学自然史博物館(Harvard Museum of Natural History)
住所:26 Oxford Street, Cambridge, MA
アクセス:電車レッドライン Harvard駅より徒歩約7分
電話番号:1-617-495-3045
URL:www.hmnh.harvard.edu
開館時間:毎日9:00〜17:00
休館日:1/1、11月第四木曜日、12/24、12/25
入館料:大人US$9、学生(ID提示)・シニア(65歳以上)US$7、子供(3〜18歳)US$6
その他:写真撮影は個人用であればフラッシュ無しで撮影可

■ピーボディ考古学・民族学博物館(Peabody Museum of Archaeology & Ethnology)
URL:www.peabody.harvard.edu
入館料:ハーバード大学自然史博物館と共通

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/07/17)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値ボストンツアー


最安料金万円

合算 目安 8.80万円13.80万円
旅行代金: 8.8013.80万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
東京発

ボストン ツアー

ニューイングランドの経済・文化の中心地 ボストン5日間

ホテル:ミッドタウン・ホテル(ボストン)
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

●完全フリータイム。だから日程も自由自在。延泊やホテルのアップグレードも可能です●自由きままなフリープラン●延泊、オプショナルツアーの手配も可能。

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 8.90万円14.80万円
旅行代金: 8.9014.80万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
成田発

ボストン ツアー

成田発//アメリカン航空利用 ボストン5日間◆◇観光に便利♪『シェラトンボストンホテル』指定◇◆

ホテル:シェラトン ボストン ホテル アンド タ…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

☆ボストン独立戦争の舞台にもなった歴史ある古い町並みや植民地時代のヨーロッパ風の建築と、新しい街並が美しく調和している独立戦争ゆかりの歴史スポットは、歩道上に赤レンガの線で引かれた「フリーダム・ト…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 目安 8.90万円11.90万円
旅行代金: 8.9011.90万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
羽田発

ボストン ツアー

ニューイングランドの経済・文化の中心地 ボストン5日間 羽田発着のスカイチーム・デルタ航空利用

ホテル:ミッドタウン・ホテル(ボストン)
航空会社:デルタ航空 指定

日程表を見る

●完全フリータイム。だから日程も自由自在。延泊やホテルのアップグレードも可能です●自由きままなフリープラン●延泊、オプショナルツアーの手配も可能。

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 9.78万円11.88万円
旅行代金: 9.7811.88万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

ボストン ツアー

<成田空港発着>デルタ航空で行く!ボストン・フリースティ5日間【ミッドタウンホテル宿泊指定】

ホテル:ミッドタウン・ホテル(ボストン)
航空会社:デルタ航空 指定

日程表を見る

・航空会社は、デルタ航空利用指定!・宿泊先は、ミッドタウンホテル指定!・日中はフリープランとなっているので、ご自身にてアレンジが可能!・別途、追加料金にて空港=ホテル間の送迎手配も可能!・オプショ…

旅行会社/ブランド:タビックス 東京中央支店

合算 目安 9.80万円16.10万円
旅行代金: 9.8016.10万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
成田発

ボストン ツアー

成田発//アメリカン航空利用 ボストン6日間◆◇観光に便利♪『シェラトンボストンホテル』指定◇◆

ホテル:シェラトン ボストン ホテル アンド タ…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

☆ボストン独立戦争の舞台にもなった歴史ある古い町並みや植民地時代のヨーロッパ風の建築と、新しい街並が美しく調和している独立戦争ゆかりの歴史スポットは、歩道上に赤レンガの線で引かれた「フリーダム・ト…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 9.98万円12.38万円
旅行代金: 9.9812.38万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

日程表を見る

◆航空会社はスターアライアンス加盟のANA利用! ANAマイレージカードをお持ちのお客様は、ANAマイレージクラブへ飛行マイルの30%が加算対象となります。加算率は予約クラス毎に異なり、予約クラス…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事