page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ボストン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

人気のグロッサリー・ストアで手軽なお土産探し


掲載日:2013/02/27 テーマ:ショッピング 行き先: アメリカ合衆国 / ボストン

タグ: お土産 たのしい 一度は行きたい


寄っておきたいグロッサリー・ストア

直接の仕入れで中間流通料を省き、コストを抑えることに力を入れているTrader Joe's。良い物が手頃価格で手に入れられるのが嬉しい 直接の仕入れで中間流通料を省き、コストを抑えることに力を入れているTrader Joe's。良い物が手頃価格で手に入れられるのが嬉しい

アメリカで人気のグロッサリー・ストアTrader Joe's(トレーダー・ジョーズ)。1958年にコンビニエンス・ストアとしてロサンゼルスに店をオープンし、それから南カリフォルニアを中心に幅広い商品を扱うグロッサリー・ストアとして展開し、今では全米へと広まった、アメリカ人にはもちろん、米在住日本人からも高い支持を得ているお店なのです。トレーダー・ジョーズに置いてある商品はユニークでオリジナリティに溢れたものが沢山!お菓子やスナックなど、手軽なお土産としても使えるのでお店をのぞいて見る価値アリですよ。

地域限定だからココでしか買えない

手前が地域に因んだ絵が全面に描かれたボストン地域限定柄のエコバック。だいたいレジ周りに置いてあるので探してみて下さいね 手前が地域に因んだ絵が全面に描かれたボストン地域限定柄のエコバック。だいたいレジ周りに置いてあるので探してみて下さいね

可愛いし、軽いし、手頃な値段、とバラマキ土産に人気なのがこの店オリジナルのエコバック。キャンパス地からポリプロピレン、麻と素材は様々で、保冷バックや瓶用の仕切りがついたものといった用途別のバックもあります。アメリカ土産としても人気なので既にご存知の方も多いかもしれませんが、ここでオススメしたいのはボストン地域限定柄のエコバック!地域限定柄のエコバックは、ニューヨークやワシントンDC、アトランタ、アリゾナなどで販売されていましたが、2012年の秋にようやくボストン版が登場したのです。これはボストンでしか買えないので是非とも押さえておきたい。

旅行客にも便利なロケーション

オリジナリティあふれるお菓子やスナックもあるので、見ていて楽しい。ちょっと日本にはなさそう…というものを見つけてみて オリジナリティあふれるお菓子やスナックもあるので、見ていて楽しい。ちょっと日本にはなさそう…というものを見つけてみて

ボストン市内にあるトレーダー・ジョーズはショッピングエリアにあり、電車で行けるため旅行者にも寄りやすいのが嬉しいところ。ただし少々小さめの店舗なので、ゆっくり見るなら買い物客で混みあう夕方は避けたほうがいいかも。店舗によってはワインやビールといったアルコールも置いてありますが、ボストン市内店では残念ながらアルコールは販売していません。ボストン中心部より電車で30分弱のところにあるブルックライン店にはアルコールもあり、店舗もボストン店よりは大きいので時間に余裕のある人は足をのばしてみてもいいかもしれませんね。楽しいお買い物を!

関連情報

ボストン市内にあるBack Bay(Boston)店。お店は地下になるので入ったらエスカレーターで下に降りて下さいね ボストン市内にあるBack Bay(Boston)店。お店は地下になるので入ったらエスカレーターで下に降りて下さいね

■Trader Joe's(トレダー・ジョーズ)
URL:www.traderjoes.com

≪Back Bay(Boston)店≫
住所:899 Boylston Street, Boston
アクセス:電車グリーンライン・Hynes Convention Center駅より徒歩約3分
電話番号:1-617-262-6505
営業時間:月〜日 8:00〜22:00
その他:アルコールは販売していません

≪Brookline店≫
住所:1317 Beacon Street, Brookline
アクセス:電車グリーンCライン・Coolidge Corner駅前
電話番号:1-617-278-9997
営業時間:月〜日 8:00〜22:00
その他:アルコール(ビール、ワイン)あり。日曜のアルコール販売開始は12:00pmから。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/02/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索