page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ボストン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

お土産にも嬉しい自然派化粧品を買うなら「ホールフーズ・マーケット」で


掲載日:2015/05/20 テーマ:ショッピング 行き先: アメリカ合衆国 / ボストン

タグ: コスメ ショッピング ブランド 雑貨


自然派・オーガニックといえばホールフーズ・マーケット

アメリカ発祥ブランドの自然派化粧品の一部 アメリカ発祥ブランドの自然派化粧品の一部

ずいぶん前から日本でもオーガニックコスメは注目され人気を集めていますが、そんなオーガニックコスメをアメリカで買うなら、お勧めなのが『ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)』。ホールフーズ・マーケットは全米で広く展開している健康と環境を考えたオーガニック製品を主に扱うスーパーマーケットです。小さい規模の店舗だと商品のセレクションも少々狭まってきますが、そこそこ大きい店舗だと商品数や種類も豊富なので、コスメ好きなら見ているだけでも楽しくなるはず。

自然派化粧品だけでなくオーガニック食品も

化粧水からフェイスクリーム、美容液、ボディオイルからローション、ハンドクリーム、石鹸、シャンプー、ミネラル化粧品などなど気になるものが盛り沢山! 化粧水からフェイスクリーム、美容液、ボディオイルからローション、ハンドクリーム、石鹸、シャンプー、ミネラル化粧品などなど気になるものが盛り沢山!

なんといっても嬉しいのが、日本で買うより安く手に入れられること!アメリカ発の製品はもちろんですが、外国製品でも少し安かったりするのです。お肌に優しいオーガニックコスメは自分用だけでなく、お友達や家族へのお土産にも喜ばれそう。また、スーパーなので化粧品だけでなく食品類もチェックしておきたいところ。パッケージの可愛いオーガニックのお菓子類やお茶、フェアトレーディングのお菓子などはお土産にも使えますよ。

その店でしか手に入らない「店舗限定柄エコバック」

店舗限定柄の保冷エコバック。サイズは大小あり、小は500mlペットボトルも余裕で入る高さ。絵は左からブルックライン店、チャールズタウン店が2種類、手前の青がチャールズリバープラザ店のもの 店舗限定柄の保冷エコバック。サイズは大小あり、小は500mlペットボトルも余裕で入る高さ。絵は左からブルックライン店、チャールズタウン店が2種類、手前の青がチャールズリバープラザ店のもの

ボストン市内でそこそこの規模があり、旅行者にも足を運びやすい駅近の店舗でお勧めしたいのがチャールズリバープラザ店。またこの店には店舗限定柄の保冷エコバックやトートバックもあり、ここでしか手に入らないことからお土産としても人気です。他にボストン近郊で店舗限定柄保冷エコバックを出しているのは、2015年3月現在チャールズタウン店とブルックライン店のみ。ただしタイミングによってたまに品切れの時も。店舗限定柄に限らずホールフーズのエコバックは日本でも可愛いと人気なので、そちらもお土産にいかがでしょう?

関連情報

緑と白をテーマカラーにしているホールフーズ・マーケット 緑と白をテーマカラーにしているホールフーズ・マーケット

■ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)
URL:www.wholefoodsmarket.com
○チャールズリバープラザ店
 住所:181 Cambridge Street, Boston
 アクセス:電車レッドライン・Charles/MGH駅より徒歩5分
 その他:自然派化粧品を置いてある場所はレジよりもさらに奥へと進んだところにある
○チャールズタウン店
 住所:51 Austin Street, Charlestown
 アクセス:電車オレンジライン・Community College駅より徒歩5分
 その他:夜は歩行者も少なく駅周辺も暗いので、陽の明るいうちに行く事をオススメ
○ブルックライン店
 住所:1028 Beacon Street, Brookline
 アクセス:電車Cライン・St. Marys Street駅より徒歩1分
 その他:小さい店舗なので化粧品の品揃えは少ないが、店限定エコバックあり

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/05/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索