アッシュビルってどんなところ?

ブルーリッジ山脈に囲まれた山間の街、ノースカロライナ州アッシュビル。シャーロットからもアトランタからも車で数時間という、便利な場所に位置しています。ヒッピーたちが集まるダウンタウンを訪れたわたしは、その独自な雰囲気にすっかり魅了されました。アールデコ様式・ボザール様式、そして新古典主義がうまく融合した街の建築物は、レトロかつ都会的な景観にひと役かっています。さらに多彩なアートギャラリーやローカルショップ、人気のレストランなどが建ち並び、それらが放つエネルギーは肌で感じられるほど。実はアッシュビルは著名な指導者や政治家、ボヘミアンの居住地としても知られていて、近年注目を集めている都市でもあるのです。

ベジタリアンも満足のレストランが充実! ヒッピーが集まるアッシュビルへ ベジタリアンも満足のレストランが充実! ヒッピーが集まるアッシュビルへ

「美食の街」でグルメな休日はいかが?

「美食の街」とも言われるアッシュビルには、250軒を超えるレストランと多数の地ビール製造所があります。新鮮な食材と南部の味を生かした料理の数々は、どれも絶品! 特にアッシュビルはベジタリアン専用のレストランも充実していて、どこも「おいしい」と評判です。ちなみにわたしがディナーに訪れたのは、「ラフィング・シード・カフェ」をいうベジタリアンレストラン。ここで食べたキムチのパンケーキが、意外な組み合わせでとてもおいしかったです。

最先端のアートとテクノロジーを体験!

アッシュビルのダウンタウンには、多くのアートギャラリーが点在しています。さらに近郊のリバーアーツディストリクトには、ガラス職人をはじめ陶芸家、画家など150人以上のアーティストが。こうしたアーティストたちによるクリエイティブなイベントも、定期的に行われています。なかでも毎年10月に行われているのが、テクノロジーとアート、音楽の祭典「マウンテン・オアシス・エレクトロニック・ミュージック・サミット」。この刺激的なお祭りに参加するため、毎年多くの人たちが全米からアッシュビルへやって来るのだそうです。

グルメ、アート、そしてショッピング

グルメ、アートときたら、やっぱり外せないのがショッピング。アメリカの人気ブランドから個性的なアイテムまで、バラエティ豊かなショップが揃うアッシュビル。ダウンタウンにもさまざまなショップが建ち並び、ウインドーショッピングするだけでも十分に楽しめます。そして歩き疲れたら、チョコレート専門のカフェやコーヒーショップでちょっとひと息。ストリートパフォーマーたちを眺めているだけでも、あっという間に時間が過ぎていきますよ。