山間の小さな町、ホットスプリングス

ノースカロライナ州シャーロットから車で数時間のアッシュビルの北に位置する「ホットスプリングス」へは、シャーロット空港から2時間半ほどのドライブ。アパラチア山中に位置する小さな町ですが、ここで登山家グループによって温泉が発見されたのは、1778年のこと。彼らがこの地へやってくる前は、実は温泉はチェロキーにいた先住民の間で「治療薬」として使われていて、「病気を治す不思議なパワーのある水」として何年も信じられてきました。その後この地に旅籠が建てられると、アメリカ独立戦争の兵士や家畜の仲買人などの逗留場として、栄えていったそうです。

アメリカでも温泉が! ノースカロライナ州にあるその名も「ホットスプリングス」 アメリカでも温泉が! ノースカロライナ州にあるその名も「ホットスプリングス」

天然温泉でココロもカラダもリラックス!

ホットスプリングスで天然温泉を楽しむなら、「ホットスプリングス・リゾート&スパ」へ。貸切のジャグジーは川沿いにあり、豊かな自然を眺めながらリラックスバスタイムが満喫できますよ。お湯は日本の温泉に比べると少々ぬるめですが、その分ゆっくり浸かることができます。ちなみにわたしが利用したのはお昼だったので、2人用のタブでひとり15ドル(1時間)でした。大人数で行くと少し安くなるようです。また夕方6時以降の利用だと、例えばふたりなら35ドルになります。他にもマッサージやトリートメント、エステメニューも充実しているので、旅の疲れを癒すのにオススメ。アメリカでゆっくり温泉に浸かってみるのも、いい思い出になりそうですよね。

翌日も温泉に浸かりたいなら、ロッジへ宿泊

わたしは次の日も温泉に浸かりたかったので、「ホットスプリングス・リゾート&スパ」内にあるロッジへ宿泊しました。ゲストルームにはジェットバス付きのタブ(ハート型になっていて、かわいかったです)が完備され、蛇口をひねると天然温泉が出てきました。ちなみにお湯は少しぬめりがあって、肌にまとわりつく感じ。日本の温泉と同じような湯ざわりで、入浴後は心なしかお肌がすべすべになりました! チェックイン後、就寝前、起床後と合計3回もお湯に浸かり、大満足な温泉旅行となりました。