サウスリムより他の見どころのほうが近い、ノースリム

「グランドキャニオン、他のアプローチポイントを紹介(前編)」からの続きです。今回の記事では、グランドキャニオンを訪れる観光客の9割が行くというサウスリム以外の観光ポイントを紹介しています。前編の最後に紹介したノースリムは、サウスリムから向かうと車で4、5時間かかるので、むしろザイオン国立公園(所要約3時間)やアンテロープキャニオンがあるペイジ(所要約3時間)、ブライスキャニオン(所要約3.5時間)のほうがずっと近いのですよね。だから、そちらを観光してからのアプローチも、プランに入れてもいいでしょう。

絶景はサウスリムだけじゃない? グランドキャニオン、他のアプローチポイントを紹介(後編) 絶景はサウスリムだけじゃない? グランドキャニオン、他のアプローチポイントを紹介(後編)

国立公園の外になるグランドキャニオン・ウエスト

ツアーによっては、ラスベガスとサウスリムとの間にある「グランドキャニオン・ウエスト」が目的地のものがあります。ここは厳密に言えばグランドキャニオン国立公園ではなく、その外にあるワラパイ族先住民居留地にあるのですが、規制が厳しい国立公園ではできない、ヘリコプター遊覧や川下りといったアトラクションができるのが特長です。ただしラスベガスから3時間で来られることもあり、観光地化されていることは確かですね。ツアーを申し込むときに、グランドキャニオンに行こうとして、まちがえてこちらに申し込んでしまったということがないように。もっともこちらはこちらで、手軽にグランドキャニオンの雰囲気を楽しむことができます。

高いところが苦手な人は無理? スカイウォーク

グランドキャニオン・ウエストで人気なのが、「スカイウォーク」という全面ガラス張りの遊歩道です。これはU字型の歩道が断崖絶壁から飛び出すようにせり出しているのですが、足元も強化ガラスなので高所恐怖症の人には厳しいでしょうか(笑)。あとは入場料が高い割にはカメラの持ち込みができないのが(ロッカーに預ける)、残念という声もあります(ただし施設のカメラマンによる有料撮影はあり)。ラスベガスからは小型機を使ったツアーも出ています。

グランドキャニオン観光にプラスアルファで

ふつうはグランドキャニオンといえばサウスリムですが、今回は前・後編でそれ以外の場所を紹介してみました。2度目のグランドキャニオンや、時間がたっぷりある人は、他のポイントへも行ってみてはいかがでしょうか? また違ったグランドキャニオンの表情が見られるはずです。