世界遺産「シャーロットヴィルのモンティチェロとヴァージニア大学(シャーロットヴィル)」の詳細情報

アメリカ合衆国の世界遺産・名所ガイド

Monticello and the University of Virginia in Charlottesville

シャーロットヴィルのモンティチェロとヴァージニア大学

名称:シャーロットヴィルのモンティチェロとヴァージニア大学(アメリカ合衆国
英語名称:Monticello and the University of Virginia in Charlottesville
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1987年

トマス・ジェファソンが故郷に残した二つの建築物

モンティチェロとヴァージニア大学は、アメリカ独立宣言の起草者としても知られる第3代大統領トマス・ジェファソン自らが設計した私邸と、1825年に開校した大学だ。どちらも、ヴァージニア州中部の都市シャーロットヴィルにある。モンティチェロは、白いドームをもつ赤レンガづくりで、パッラーディオ風の古典様式とイギリスの別荘建築様式を合わせた独特のかまえだ。1938〜2003年、また2006年から発行されたアメリカの5セント硬貨の裏面には、このモンティチェロが描かれている。ヴァージニア大学は、ジェファソンの抱く教育理念を実現するために設立された。ローマのパンテオンを思わせる、屋根のある円形の建物「ロトンダ」が特徴だ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!アメリカ合衆国の世界遺産最新情報

2010/08/19 世界遺産

アメリカのシンボル「自由の女神」像に潜入する!

アメリカ合衆国旅行イメージ-アメリカのシンボル「自由の女神」の堂々たる姿は間近で見てみたい。 アメリカのシンボル「自由の女神」の堂々たる姿は間近で見てみたい。

アメリカの象徴ともいえる「自由の女神」は、1866年に友好の印と、アメリカ独立100周年を記念して、フランスから贈られました。移民の国アメリカらしく「自由の女神」もある意味フランスからの移民です。飛行機も無かった当時、移動手段は船。ヨーロッパから多くの人たちが夢を抱いて船でアメリカへ渡ってきたとき、真っ先に目にしたのは自由の女神だったはずです。現在ならさほど大きな建造物にはならないですが、右手にトーチ、左手に独立宣言書を持ち、自由と平和を謳う堂々たる姿は、多くの人に深い印象を残すと思います。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


アメリカ合衆国の世界遺産「シャーロットヴィルのモンティチェロとヴァージニア大学」についてご紹介します。シャーロットヴィルのモンティチェロとヴァージニア大学の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。