世界遺産「ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園(ウォータートン・グレーシャー)」の詳細情報

アメリカ合衆国の世界遺産・名所ガイド

Waterton Glacier International Peace Park

ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園

名称:ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園(アメリカ合衆国
英語名称:Waterton Glacier International Peace Park
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1995年

2国の国境を自由に行き来できる世界初の国際平和公園

アメリカとカナダの国境をまたぐロッキー山脈。その真ん中に位置するウォータートン・グレイシャー国際平和自然公園は、カナダとアメリカの国境を自由に行き来できるツイン・パーク。カナダ・アルバータ州のウォータートン湖国立公園と、アメリカ・モンタナ州のグレーシャー国立公園が統合した世界初の国際平和公園として1932年に誕生した。広大な大平原から険しいロッキー山脈がそそりたつ姿や、650もの氷河湖の景観は壮観。またコヨーテやグリズリーなど多様な野生動物、多くの鳥類や植物が生息するほか、約1億5000万年前の地球最古の生命体のひとつ、藍藻類の化石なども見つかっており、考古学的にも価値がある世界遺産なのだ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!アメリカ合衆国の世界遺産最新情報

2010/08/19 世界遺産

アメリカのシンボル「自由の女神」像に潜入する!

アメリカ合衆国旅行イメージ-アメリカのシンボル「自由の女神」の堂々たる姿は間近で見てみたい。 アメリカのシンボル「自由の女神」の堂々たる姿は間近で見てみたい。

アメリカの象徴ともいえる「自由の女神」は、1866年に友好の印と、アメリカ独立100周年を記念して、フランスから贈られました。移民の国アメリカらしく「自由の女神」もある意味フランスからの移民です。飛行機も無かった当時、移動手段は船。ヨーロッパから多くの人たちが夢を抱いて船でアメリカへ渡ってきたとき、真っ先に目にしたのは自由の女神だったはずです。現在ならさほど大きな建造物にはならないですが、右手にトーチ、左手に独立宣言書を持ち、自由と平和を謳う堂々たる姿は、多くの人に深い印象を残すと思います。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


アメリカ合衆国の世界遺産「ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園」についてご紹介します。ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。