今度はフォーコーナーの南側を歩いてみましょう

「観光の中心、フォーコーナーエリアを歩く(前編)」からの続きです。このエリアは、ラスベガス観光の中心といってもいいので、各ホテルなど詳しくは個別の記事を参照してください。しかしその前にこの記事で、大ざっぱに内容を掴んでおくと、頭に入りやすいと思います。さて、前編ではフォーコーナーエリアの北側をざっくり説明しました。後編は、フォーコーナーエリアの南側です。フォーコーナーからハーモンアベニューまでのストリップ沿いの800メートルほどですが、こちらも人通りが多いところです。

ストリップ東側にある3つのホテル

まずは、フォーコーナー南側のストリップ東から。ホテルは北から3軒あります。まずは、かつてはラスベガス最大規模という客室数とカジノを誇った「バリーズ」。しかし1990年代以降は周囲にもっと話題性のある大きなホテルができたので、ちょっと地味になってしまいました。その南側にあるのが、エッフェル塔がランドマークの「パリス・ラスベガス」。パリの町を模した内装は、ちょっと見ておいたほうがいでしょう。実物の1/2の高さというエッフェル塔には展望台があり、絶好の夜景鑑賞スポットです。できれば向かいのベラージオの噴水ショーが見られる時間に上りたいですね。その南の「プラネットハリウッド」は映画をテーマにしたホテルで、大人向けのショーも行われています。

エッフェル塔がランドマークの「パリス・ラスベガス」は、フォーコーナーから南へ少し行ったところ エッフェル塔がランドマークの「パリス・ラスベガス」は、フォーコーナーから南へ少し行ったところ

ストリップ西側にあるベラージオとシティセンター

ストリップの西側に目を向けると、大きな人造湖の奥にそびえる落ち着いた外観のホテルが目に入ります。これがラスベガスの高級ホテルの代名詞ともいえる「ベラージオ」(ガイドブックによってはベラッジオと表記)です。このコモ湖を模した人造湖で、毎夜行われる無料アトラクションの「噴水ショー」は必見です。その南には4つのホテルとショッピングモールを含む巨大コンプレックスの「シティセンター」があります。この辺りまでが、フォーコーナーエリアで、その南は別項で紹介する「新フォーコーナー」エリアになります。

フォーコーナーは歩きで制覇!

以上、ホテルやその無料アトラクションを中心に、見どころを紹介してみました。このエリアはまさにラスベガスの中心と言っていいので、一度は行ってみましょうね。ただし時間帯によっては道路が渋滞するので、移動はバスやタクシーを利用するより、歩いた方が早い場合もあります。それでは、ラスベガスの街歩き、楽しんできてください!