page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ロサンゼルスグルメガイド

ロサンゼルスのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

アメリカ第2の都市らしく、グルメも唸らせる世界的に評価の高いレストランから、おなじみのファストフード店まで、あらゆるレストランが揃う。またエスニックコミュニティーで本場の料理を食べたり、ビーチ沿いのオシャレなカフェで海を眺めながら食事したりなど、食べる場所の選択肢も豊富だ。世界中の移民の集まる都市だが、メキシコからの移民が多いので、カリフォルニア風のメキシコ料理Cal-Mex(カルメックス)が郷土料理といえるだろう。(2015年編集部調べ)


ロサンゼルスのレストラン・屋台

レストランの種類は多種多彩。ハリウッドのセレブが常連のようなおしゃれなレストランもあれば、健康意識の高い人向けのオーガニック食材だけを使った人気レストランもある。ロサンゼルスで流行りの屋台はフードトラック。小さなトラックで販売している軽食で、かつてはハンバーガーやホットドッグ、メキシコ料理のタコスなどが中心だったが、最近では韓国料理のブルゴギをメキシコ風にアレンジしたものや、オーガニックの食材を使ったヘルシーフードなど、その種類もどんどん増えている。

ロサンゼルスの水・お酒

ロサンゼルスは雨が少ない砂漠のように乾燥した土地に造られた町なので、かなり離れたところにある水源から水道を引いている。水質的には問題なく、水道水を普通に飲んでいる人もいるが、硬水であることと、長い水道を通ってくるため、残念ながら美味しい水とは言い難い。旅行者はミネラルウォーターを買って飲んだほうがいい。飲酒ができるのは21歳から。ID(身分証明書)のチェックがあるので、バーなどに出かけるときはパスポートを持参のこと。


現地ガイド発!ロサンゼルスのグルメ・料理最新情報

2017/09/01 グルメ

安心素材を出すカジュアルレストラン

ロサンゼルス旅行イメージ-カジュアルな明るい店内で、若い人たちを中心に幅広い年齢層に人気 カジュアルな明るい店内で、若い人たちを中心に幅広い年齢層に人気

地元農家の新鮮食材がテーマのカジュアルなレストラン「Tender Greens(テンダー・グリーンズ)」。ヘルシーな食材にフォーカスしながら、どのメニューも大体12ドル以下というお手頃価格が、人気を呼んでいる。どの支店でも、高級レストランで料理人として働いたことがあるシェフたちが、総料理長。たとえば、ウェストハリウッド店の総料理長、アリ・オータは、イギリスのセレブシェフ、ゴードン・ラムゼイや「MATSUHISA」を経営するセレブシェフ、松久信幸さんの「Nobu LA」で働いていた料理人。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ロサンゼルスグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるロサンゼルスの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ロサンゼルスのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!