page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

アメリカが認定した歴史建造物「ホリーホック・ハウス」


掲載日:2007/12/14 テーマ:歴史 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: 穴場 建築 歴史


ハリウッドの歴史建造物「ホリーホック・ハウス」

ライトの建築スタイルが開花する主要な分岐点といわれるホリーホック・ハウス。一般客はもとより、多くの建築家などを魅了 ライトの建築スタイルが開花する主要な分岐点といわれるホリーホック・ハウス。一般客はもとより、多くの建築家などを魅了

アメリカの歴史建造物に認定された「ホリーホック・ハウス」。ハリウッドにあるこの建造物は、邸宅そのものを美術館とするハウスミュージアムとして名高い。2005年に、約2億円を費やした5年間の改修工事を経てリニューアル・オープンした。建築には、ニューヨークのグッゲンハイム美術館などを建築した近代建築の三大巨匠の1人、フランク・ロイド・ライトが携わった。今回は、このハリウッドの穴場的な建造物を紹介しよう

ホリーホック・ハウス。持ち主の行方

ホリーホック・ハウスは、アメリカが歴史建造物に認定した約2500の建造物の1つ ホリーホック・ハウスは、アメリカが歴史建造物に認定した約2500の建造物の1つ

石油による遺産相続を受けたアライン・バーンズデールの邸宅として、1919年から1921年にフランク・ロイド・ライトが建築したホリーホックハウス。ライトにとっては、これがロサンゼルス初のプロジェクトだったが、東京の帝国ホテル建築と重なり、ルドルフ・シンドラーと息子のロイド・ライトに託すことに。そして1927年、バーンズデ−ル氏が、この邸宅を一般公開用の美術公園「バーンズデール・パーク」の一環として、ロサンゼルス市に寄贈した。

ツアーで学ぼう、新しい展示物

ツアーでは、リビングやダイニングなども案内される。こちらは、邸宅内のキッチン ツアーでは、リビングやダイニングなども案内される。こちらは、邸宅内のキッチン

最近の改修工事では、ホリーホックのモチーフが施された手縫いのカーペットがリビングに配された。また、ダイニングには、オリジナルにほぼ近いオリエンタルカーペットやティファニーの花瓶、噴水内には、レプリカのブロンズ像も近々展示される予定だ。新しい展示物については、ツアーに参加して学んでみよう。ツアーは、水曜〜日曜の12:30〜15:30まで1時間ごとに開催されている。ハリウッドを訪れた時は、家族連れで、また、恋人同士で迷わず足を運んでみたい。

【関連情報】

ハリウッドにある4.4ヘクタールのバーンズデール・パークの真中に位置するホリーホック・ハウス ハリウッドにある4.4ヘクタールのバーンズデール・パークの真中に位置するホリーホック・ハウス

■Hollyhock House(Barnsdall Park内)
住所:4800 Hollywood Blvd, Los Angeles, CA 90027
電話番号:323-662-8139
営業時間(ツアー):水曜日〜日曜日(午前12:30〜午後3:30まで1時間ごとに開催)
※ツアー以外の見学は不可
入場料:一般7ドル、シニア&学生3ドル、12歳以下無料
アクセス:ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd」を南下し、フリーウェイ105号に乗る。2、3分でフリーウェイ405号が出てくるので、North方面に乗る。約20分でフリーウェイ10号線、East方面に乗り換える。出口「Normandie Ave」で降り、北方面に直進すること約20分で出てくる「Hollywood Blvd」を右へ。4つの交差点を超え、右手にBarnsdall Parkが見えてきたら右折。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索