page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

朝食にはぜひ訪れたい。創業25年のオムレツ専門店「CJ’s Pantry」


掲載日:2007/12/21 テーマ:グルメ 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: おいしい グルメ レストラン 朝食


アットホームなオムレツ専門店

店内の壁一面には、同店のある海沿いの街、サウスベイの様子が描かれている。海のある地域独特のリラックスムードが漂う 店内の壁一面には、同店のある海沿いの街、サウスベイの様子が描かれている。海のある地域独特のリラックスムードが漂う

オムレツ専門店として25年間ファンを魅了し続ける朝食レストラン「CJ's Pantry」。オムレツだけで15種類もあるレストランは、コーキー・ジョンストンさんを慕って訪れるローカルな常連客でいつも賑わっている。もちろん、初めて訪れる人でも気後れせずウェルカムな雰囲気が漂う。そんな居心地バツグンなレストランのメニューには、ジョンストンさんが毎日ダウンタウンの市場へ出かけて、自分の目で選ぶこだわりの食材が使用される。今回は、そんなアットホームなカジュアル・レストランを紹介しよう。

朝食には「CJのスペシャル・オムレツ」を!

トッピングには、チーズとアボガドで作ったソース「ワカモリ」、サワークリームがついてとてもクリーミー トッピングには、チーズとアボガドで作ったソース「ワカモリ」、サワークリームがついてとてもクリーミー

1番人気は、約4個の卵が使用された「CJのスペシャル・オムレツ(CJ’s Special Omellette)」。ベーコン、ソーセージ、トマト、玉ねぎなどが入った具だくさんな一品だ。これに果物かポテト、コーヒーケーキかマフィンがついて10 ドル95セントと、ずいぶんリーズナブル。しかも、日本人なら2人でシェアしてもおなかいっぱいになるほどボリューム満点。1ドル25セント引きで小さいサイズ(Petite Size)がオーダーできるので、いろんな味を試してみたい時にはこちらもおすすめ。

マイホームパパなオーナー

家族をとても大切にするオーナーのコーキー・ジョンストンさん。そんなオーナーの人柄で地元客にも大人気 家族をとても大切にするオーナーのコーキー・ジョンストンさん。そんなオーナーの人柄で地元客にも大人気

学生時代からレストラン経営に興味があったオーナーのコーキー・ジョンストンさん。朝食にオムレツがブームだった1980年代の初頭、1982年に10のオムレツメニューで開業した。毎朝7時からオープンし、週末以外は午後1時半が閉店。朝食をメインにしたのは、「レストランの仕事を終えた後でも家族と一緒に過ごす時間が持てるから」とジョンストンさんの家族第一主義があってのこと。そんなオーナーのいるレストランだから、家族連れでも恋人同士でも、おなかも心も満足できることまちがいなしだ。

【関連情報】

オムレツ以外のメニューは、サンドイッチやホットケーキなど全70種類という充実ぶり オムレツ以外のメニューは、サンドイッチやホットケーキなど全70種類という充実ぶり

■CJ's Pantry
住所:324 S Catalina Ave., Redondo Beach, CA 90277
電話番号:310-318-2411
営業時間:日〜木:7:00〜13:30、金・土:7:00〜14:30
アクセス:ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd」を南下すること約20分。途中「Sepulveda Blvd」が「Pacific Coast Highway」へ名称が変わる。「Beryl St」という通りで右に曲がり、「Catalina Ave」を左に曲がる。「Torrance Blvd」を超えたすぐの左手。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索