page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

野生のリスやうさぎにも会える広大な植物園「South Coast Botanic Garden」


掲載日:2008/01/09 テーマ:観光地・名所 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: 公園 子供にオススメ 美しい


2500種以上の植物と、珍しい動物がお出迎え

結婚式でよく使われるバルコニー。ここからは、すぐ下にあるローズガーデンが眺められる 結婚式でよく使われるバルコニー。ここからは、すぐ下にあるローズガーデンが眺められる

「半島の宝石」として知られる植物園「South Coast Botanic Garden」。ここは、高級住宅地として名高いパロスバーデス半島にある。小高い丘になっているから、ロサンゼルスの街が一望できるのも魅力。約35ヘクタールの広大な園内では、地中海や南アフリカなどから届いた2500種以上もの植物が見られるから、そのスケールの大きさに圧倒されるだろう。この多種多様な植物のおかげで、200種以上の野鳥や、リスやうさぎなどの野生動物に出会える楽しいチャンスもある。

10のテーマで楽しめる庭園

庭園のハイライト的な存在、サボテン園。庭園以外には、果樹やパームツリー、常緑の小高いトベラなど数々のセクションあり 庭園のハイライト的な存在、サボテン園。庭園以外には、果樹やパームツリー、常緑の小高いトベラなど数々のセクションあり

テーマごとに庭園がある園内では、地中海の庭園、バラ園、サボテン園、ハーブ園、日本庭園、子どもの庭園など10の庭園が満喫できる。なかでも外せないのは、1970年代初期にできたサボテン園。アフリカやメキシコ、南米などから100以上のサボテンをコレクションし、ロサンゼルスにいながら砂漠体験ができてしまう。子どもから絶大な人気を集めている子どもの庭園では、人形の家や橋などが設置され、子どもたちが植物に親しめる配慮がうれしい。

建設地は廃棄物の埋立地

数々の小中学校がフィールドトリップとして園内を訪れる。彼らにも人気なのが、写真の子どもの庭園 数々の小中学校がフィールドトリップとして園内を訪れる。彼らにも人気なのが、写真の子どもの庭園

1959年に廃棄物の埋立地に建設された同園。廃棄物の埋立地とは、投棄した廃棄物を水平にならし、ある程度の層になると土をかぶせ、さらに次々と積み重ねることを繰り返すことでできた土地のこと。これによって、廃棄物を分解した時に庭園の地下全体から出てくるガスを収集し、電力として使用できるという大きなメリットがある。同園は、この方法が開発された初期の時代から導入していることでも名が通っているのだ。

イベントもおまかせな植物園

噴水を中心に約1600本ものバラが咲くローズガーデンも結婚式の人気スポット 噴水を中心に約1600本ものバラが咲くローズガーデンも結婚式の人気スポット

そんな植物園では、結婚式や誕生パーティ、ブライダルシャワーなどが開催できる。このため、地元の利用客が多いようす。結婚式を控えているあなたは、バルコニーのある芝生のガーデンでロマンチックな結婚式を計画してみてはいかが?ピクニックエリアもあるので、植物や野鳥に囲まれながらランチを取るのおすすめ。また、バラの摘み方教室や苗の販売など、イベントも随時開催されているから、訪問前にはウェブサイトをチェックしてみて。

【関連情報】

植物園の入り口を入ったところにあるギフトショップ。いつも数々の木々に囲まれた入り口付近 植物園の入り口を入ったところにあるギフトショップ。いつも数々の木々に囲まれた入り口付近

■South Coast Botanic Garden
住所:26300 Crenshaw Blvd., Palos Verdes Peninsula, CA 90274
電話番号:310-544-6815
営業時間:9:00am〜17:00pm
入場料:7ドル(一般)、5ドル(62歳以上&学生)、2.5ドル(5〜12歳)、4歳以下は無料
ウェブサイトアドレス: www.southcoastbotanicgarden.org
アクセス:ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd(途中名称が「Pacific Coast Highway」へ変更)」を南下すること約30分。「Crenshaw Blvd」で右に曲がり、約10分ほど坂を登ると左手に「South Coast Botanic Garden」と書かれた看板が見えてくる。そこを左折。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索