page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・オペラ・音楽の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ロサンゼルスの夏の夜★星空の下でコンサート観賞!


掲載日:2008/05/29 テーマ:オペラ・音楽 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: イベント 音楽 夏にオススメ


星空の下でコンサートを

巨大なコンサート会場と違い、席数は5700席と少なく、遠くてもステージとの一体感が味わえる 巨大なコンサート会場と違い、席数は5700席と少なく、遠くてもステージとの一体感が味わえる

アウトドアのコンサート会場としてロサンゼルスでも有名なのが、ここグリークシアター。夏こそそのパワー炸裂だ。70年代のソウルミュージックが堪能できるソウルジャム(7月19日)やジャズフェス(7月26日)、「星空の下のカントリー」と題したカントリーのコンサート(7月27日)。8月には、ジプシーキングスのコンサートが15日、16日の連日に渡って行われるなど、7月と8月だけで、なんと16回ものコンサートが開催! これなら、コンサートを観賞するためだけにロサンゼルスを訪れたい人もいるのでは?

ディナーは星空の下で堪能

ここで、ロサンゼルス風コンサート堪能術をご紹介しよう。グリークシアターは、行列ができることで有名な、あのピンクスのチリドッグが購入できるオフィシャルサイトになっている。このため、チリソースたっぷりのチリドッグをほおばりながら、コンサートが堪能できてしまうのだ。また、会場が公園内にあるから、お弁当やサンドイッチをあらかじめ購入してコンサート前に食べることだってできる。こんな夏の夜が満喫できるのもロサンゼルスならでは。ぜひ、試してみて!

コンサート情報

【7月】
7/19(土):70年代ソウルジャム−スタイリスティックス、ザ・シャイライツ、ブラッドストーン、メイン・イングリーディエント・フュ−チャリング・キューバ・グーディング・サー、 ビリー・ポール、カール・カールトン
7/25(金):ロス・ロンリー・ボーイズ、ロス・ロボス
7/26(土):LAジャズ&ミュージックフェスティバル
7/27(日):ゴー・カントリー105 “サマー・アンダー・スター”コンサート
7/29(火):ジェームズ・テーラー・アンド・ヒズ・バンド・オブ・レジェンド
7/30(水):ジェームズ・テーラー・アンド・ヒズ・バンド・オブ・レジェンド
7/31(木):ジョン・メレンキャップ・ウィズ・スペシャルゲスト・ルシンダ・ウィリアムス

【8月】
8/1(金):ジョージ・ソログッド・アンド・バディ・ガイ・ウィズ・スペシャルゲスト・エルヴィン・ビショップ
8/2(土): リンゴ・スター・アンド・ヒズ・オールスターバンド・ウィズ・コリン・ヘイ、ビリー・スクワイア、ヘイミッシュ・スチュアート、エドガ−・ウィンター、ゲイリー・ライト、グレッグ・ビソネット
8/3(日):ドリー・パートン
8/9(土):ファンク・フェスト・フュ−チャリング・モーリス・デイ、エス・オー・エス・バンド、ザップ、ミッドナイト・スター、コン・ファンク・シャン
8/15(金):ジプシー・キングス
8/16(土):ジプシー・キングス
8/17(日):ジェトロ・タル・プラス・スペシャルゲスト・ヤング・ダブリナーズ
8/23(土):セカンド・アニュアル・ロサンゼルス・サルサミュージック・フェスティバル
8/29(金):メリッサ・エスリッジ・ザ・リバイバル・ツアー

【関連情報】

■ The Greek Theatre
住所:2700 North Vermont Ave, in Griffith Park, LA, CA 90027
電話番号:323-665-5857
営業時間:コンサートによって異なる
ウェブサイト: www.greektheatrela.com
入場料:コンサートによって異なる
アクセス:ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード)」を南下し、高速105号に乗る。2、3分で出てくるフリーウェイ110号のNorthに乗り換える。約30分ほどで左の車線に変更しておき、フリーウェイ5号が出てきたらSacramento(サクラメント)方面へ乗り換える。「141A・Los Feliz Blvd(ロス・フェリッツ・ブルバード)」で下りる。「Los Feliz Blvd(ロス・フェリッツ・ブルバード)」で左に曲がり、「Hillhurst Ave(ヒルハ−スト・アベニュー)」で右に。間もなくでてくる「N Vermont Ave(ノース・バーモント・アベニュー)」で右に曲がる。途中、道の名前が「Vermont Canyoy Rd(バーモント・キャニオン・ロード)に変更する。道沿い左手に、The Greek Theatreの看板が,見えてくる。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索