page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ヘルシーでアットホームな雰囲気が漂うベーカリーカフェ


掲載日:2008/06/11 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: おいしい カフェ スイーツ


ヘルシー志向者に打ってつけのカフェ

オープンパティオからは、海が見える絶好のロケーション。旅の息抜きにはバツグンのスポット オープンパティオからは、海が見える絶好のロケーション。旅の息抜きにはバツグンのスポット

ヘルシー志向なあなたにぴったりのベーカリーカフェ「Carrisimo Bakery Cafe(カリッシモ・ベーカリーカフェ)」。オーガニックコーヒーや紅茶をはじめ、手作りクッキーやマフィン、ヘルシーなサンドイッチやサラダが人気の定番メニューだ。顧客と気軽にあいさつを交わす、3代目オーナー、ジュリア・キムさん。やさしさあふれる彼女を慕い、自らカフェを手伝う顧客もいるほど。そんなアットホームな雰囲気が漂うカフェは、一度訪れたら何度も訪ねたくなるだろう。

毎日仕入れる新鮮な食材

体が「フレッシュ!」と喜んでいるのがわかりそうなほど新鮮な、野菜やくだもの 体が「フレッシュ!」と喜んでいるのがわかりそうなほど新鮮な、野菜やくだもの

同店の一押しは、ヘルシー料理の代表格といわれるギリシャ料理「Greek Salad(グリークサラダ・6.25ドル)」。レシピは1代目オーナーから引き継いだもの。「いつもフレッシュ」と顧客にも評判の新鮮な野菜やくだものは、毎日仕入れ、その日に獲れたものしか使わないという徹底ぶり。フェタチーズは本場ギリシャから輸入したものだけを使用。ヘルシー志向者には脂肪分の少ないターキーサンドイッチ(Oven Roasted Turkey・6.35ドル)も人気の一品だ。花びらが入ったウーロン茶「Sunset Oolong(サンセットウーロン・2.25ドル)」と一緒に試してみて。

手作りスイ−ツが目白押し

キムさんが作るギリシャのディッピング・クッキー。セサミが表面にかけられ、日本人にも好評 キムさんが作るギリシャのディッピング・クッキー。セサミが表面にかけられ、日本人にも好評

「人を招いて料理をふるまうのが好きだった」というキムさんが出す大半のスイ−ツも、もちろん手作り。「Tiramisu(ティラミス・4ドル)」は1代目オーナーからのレシピをキムさんがアレンジし、コーヒーケーキの部分をかわいい星マークに仕上げたオリジナル。1枚40セントの「Dipping Cookie(ディッピング・クッキー)」は、甘さ控えめで日本人好みのテイスト。ランチタイムになったら焼きあがるクッキーの匂いにつられて、顧客が入ってくるほど。

【関連情報】

顧客の要望に応えて6〜8月は、午前12時までの営業が決定。波の音を聞きながら夏の夜を楽しんで 顧客の要望に応えて6〜8月は、午前12時までの営業が決定。波の音を聞きながら夏の夜を楽しんで

■ Carrisimo Bakery Cafe(カリッシモ・ベーカリーカフェ)
住所:1611 S. Catalina Ave. Redondo Beach, CA 90277
電話番号:310-540-3770
営業時間:6:00〜22:30(夏の期間のみ24時までオープン)
アクセス:ロサンゼルス空港方面から『Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード・途中名称が「Pacific Coast Highway(パシフィック・コースト・ハイウェイ)」へ変更)』を南下すること約20分。「Avenue I(アベニュー・アイ)」で右に曲がり、「Catalina Ave(カタリナ・アベニュー)」を渡ってすぐの角にあるビル

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索