page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

カジュアルでおしゃれなショピング街、ベルモントショア


掲載日:2008/07/28 テーマ:ショッピング 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: イベント ショッピング


セカンドストリートは買い物天国

テラスのあるカフェやレストランでリラックスする人々が多い。写真はカリフォルニア料理がメインのレストラン、Bonos(ボノズ) テラスのあるカフェやレストランでリラックスする人々が多い。写真はカリフォルニア料理がメインのレストラン、Bonos(ボノズ)

ロングビーチのビーチ付近にあるおしゃれな街、「Belmont Shore(ベルモントショア)」。セカンドストリート沿い14ブロックのショッピングエリアで、50軒以上の洗練されたブティックや、50軒近くのカフェやレストランがある。ビーチが数ブロック先だから、地元の人々もビーチサンダルで犬の散歩に訪れたりするなど、そのカジュアルさがとてもいい。しかも、それでいておしゃれな雰囲気は十分漂っているし、混雑してもちょうどよい込み具合だから、ウィンドーショッピングには最適な街

大人買いできる格安プライス

スパニッシュコロニアル様式の外観、バベットフィーストには、テラス席や噴水もあってリラックスムード満点 スパニッシュコロニアル様式の外観、バベットフィーストには、テラス席や噴水もあってリラックスムード満点

子どもと一緒に立ち寄りたいのは、1枚10ドル以下で購入できる子供服専門のブティック「Children’s Place(チルドレンズ・プレイス)」。2枚で10ドルというセット物も数多く揃っているから、大人買いができる! カジュアル系で流行の新中古洋品を見つけたいあなたには、「Baffalo Exchange(バッファロー・エクスチェンジ)」がおすすめ。小腹がすいたときには、焼き立てのパンやキッシュがおいしい、フレンチベーカリーカフェの「Babette's Feast(バベット・フィースト)」を訪れてみて!

クラシックカーでアメリカンな体験を

9月7日に訪れるなら、西海岸でも最大規模のショー「19th Annual Classic Car Show(第19回クラシックカーショー)」をチェック してみて。こちらは、同エリア一帯で1日がかりでおこなわれる毎年恒例のイベントだ。1975年よりも古いクラシックカーばかりが600台以上も勢ぞろいするから、クラシックカー好きにはたまらない。もちろん、クラシックカーファンでなくても、まるで50年代のアメリカにタイムトリップしたような気分が味わえる。ぜひ、ご家族で、恋人同士で出かけてみて!

【関連情報】

14ブロックに渡るショッピングストリートで、ウィンドーショッピングを楽しんで! 14ブロックに渡るショッピングストリートで、ウィンドーショッピングを楽しんで!

■ Belmont Shore Business Association
住所:200 Nieto Ave., Suite #200-B Long Beach, CA 90803
電話番号:562-434-3066
営業時間:店によって異なる
ウェブサイト:www.belmontshore.org
アクセス:ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード)」を南下し、高速105号に乗る。約2、3分で出てくるフリーウェイ405号の「South(サウス)」方面に乗り換える。約2、30分で出てくるフリーウェイ710号の「South(サウス)」方面に乗り換え、約5分で出てくる「Pacific Coast Hwy(パシフィック・コースト・ハイウェイ)」で下りる。「Cherry Ave(チェリー・アベニュー)」で右に曲がり、「E Ocean Blvd(イースト・オーシャン・ブルバード)」で右に。次に、「E Livingston Dr(イースト・リビングストン・ドライブ)」で左に曲がり、すぐに出てくる「E The Toledo(イースト・ザ・トールド)」を右に曲がり、「Nieto Ave(ニート・アベニュー)」で右に曲がる。ここまでくると、ショップが立ち並ぶベルモントショアが目の前に。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索