page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・ビーチの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

リゾートを満喫! 子供から大人まで楽しめる“レドンドビーチ”へ


掲載日:2008/07/31 テーマ:ビーチ 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: ビーチ リゾート ロケ地 美しい


レドンドビーチで遊び三昧

映画、テレビ、コマーシャルのロケ地としても利用されるレドンドビーチ 映画、テレビ、コマーシャルのロケ地としても利用されるレドンドビーチ

リゾート地として知られるレドンドビーチ。海沿いから眺められるサンセットでも有名な街だ。ジェトスキーなどのマリンスポーツや魚釣りが楽しめるピアや、ヨットが停泊するおしゃれなキングハーバーなどがあり、夏はおすすめ。ヨットハーバーやピアでは、これまでにテレビ番組「The O C」や映画「パイレーツ・オブ・カリビアン3」などが撮影されている。このように、撮影のロケ地としてよく利用されているから、運がよければハリウッドスターに会えるかも!?

子どもにはラグーンな体験を

サンドイッチなどランチ持参の場合は、ピクニックエリアを利用して! サンドイッチなどランチ持参の場合は、ピクニックエリアを利用して!

子ども連れなら、海水でできた「Seaside Lagoon(シーサイド・ラグーン)」へ行ってみよう。深さ15センチのラグーンでは、水遊びをする子どもたちでいつも賑わう。大人のあなたなら、広い砂浜エリアで日焼けをしたり、ビーチバレー用のコートもあるから、思いのままに楽しめる。常時ライフガードがいるから、子どもから目を離してしまった瞬間でも安心だ。おなかがすいたら、お隣りのレストラン「Ruby's Restaurant(ルビーズ・レストラン)」のスナックメニューがラグーン専用口から直接オーダーできておすすめ。

マリンスポーツと食事はピアにおまかせ

自転車好きなら、北のサンタモニカから約43キロ続く自転車専用道路がおすすめ 自転車好きなら、北のサンタモニカから約43キロ続く自転車専用道路がおすすめ

ピアでは、ボートやジェットスキーなどマリンスポーツや、ローラーブレード、自転車などが貸し出されているから、昼間はおもいっきり遊んでしまおう。夜になると、ピアに沿った海が見えるレストランやバーで、ロマンチックな時間を過ごしたい。料理もテイクアウトのピザから、トンカチで殻をガンガン割りながら食べるカニが堪能できるシーフード、ステーキ、メキシカンなど、お好みのテイストをその時の気分でセレクトしてみて。お土産を扱うショップもあるから、ここでゲットするのもいいかも。

【関連情報1】

■ Seaside Lagoon(シーサイド・ラグーン)
住所:200 Portofino Way, Redondo Beach, CA 90277
電話番号:310-318-0681
ウェブサイト:www.redondo.org
メールアドレス: seaside.lagoon@redondo.org
入場料:大人(18歳以上):5ドル、2〜17歳:4ドル、2歳未満:無料
営業時間:10:00〜17:45
営業終了日:2008年9月7日
休日:7/3・7/4
駐車料金:車1台につき4ドル25セント
アクセス:ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード)」を南下すること約20分。途中「Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード)」は「Pacific Coast Highway(パシフィック・コースト・ハイウェイ)」へ名称が変わる。「Beryl Street(ベリル・ストリート)」で右に曲がり、「Harbor Blvd(ハーバー・ブルバード)」を超えてすぐの左手。

【関連情報2】

■ Redondo Beach Pier(レドンドビーチ・ピア)
住所:100 West Torrance Blvd, Redondo Beach, CA 90277
電話番号:(310) 318-0631, option #2
ウェブサイト:www.redondopier.com
アクセス:ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード)」を南下すること約20分。途中「Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード)」は「Pacific Coast Highway(パシフィック・コースト・ハイウェイ)」へ名称が変わる。「Torrance
Blvd(トーランス・ブルバード)」で右に曲がり行き止まりまで行くと、そこがピア。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/31)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索