page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・おケイコの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ネイルを極めたいあなたに、4日間で学べるスクールはいかが?


掲載日:2008/09/01 テーマ:おケイコ 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: キレイ ネイル


格安の資材探しができるスクール開校

ネイルスクールの様子。スクールのスタート日は、希望に応じて選べる。料金は600ドル ネイルスクールの様子。スクールのスタート日は、希望に応じて選べる。料金は600ドル

ネイルサロンとしても定評あるエステサロン「Lily Skin Care Solutions(リリー・スキンケア・ソリューションズ)」。同店では日本語でネイルケアが受けられ、さらには、4日間のスクールも開校中。スクールには、日本より半額近くでネイル用資材が揃う問屋の同行も含まれるから、今、人気のジェル資材だって格安でゲットできる。ここなら、リラックスしてネイルを楽しみたいあなたにも、アメリカのネイル事情を極めたいあなたにとっても、願ってもないチャンスを与えてくれそうだ。

4日間盛りだくさんなカリキュラム

スクール生にNaokoさんがアクリルのフレンチを指導する様子 スクール生にNaokoさんがアクリルのフレンチを指導する様子

4日間のスクールはマンツーマンが基本だが、2人揃えばネイリスト役と顧客役を交代できてベスト。コンサルテーションで始まる1日目は、バイオジェルやアクリルなど自分が学びたいネイルをセレクトし、お目当ての資材探しに問屋へ直行。大人気のスワロフスキーも量り売りだし、OPIも格安だから、思わず大量買いしてしまいそう。2日目と3日目は、基礎から学べるネイルスクール。最終日は、がんばったあなたのごほうびデーとして、フェイシャル(100ドル)とデトックス(40ドル)のプレゼントが!

色選びの天才マニキュアリスト

記者のためにセレクトされたマニキュア。全てうなずけるカラーでその才能に脱帽 記者のためにセレクトされたマニキュア。全てうなずけるカラーでその才能に脱帽

講師は同サロンのマニキュアリスト、Naokoさん。自分のためにおこなっていたネイルを友人から頼まれるようになり、10年前にアメリカでライセンスを取得するまでに。Naokoさんの強みは、その人に1番似合うカラーがインスピレーションで瞬時にわかること。顧客が選ぶ前にその人が選ぶ色がわかることもあるし、選んであげることもよくあるとか。また、顧客の立場にたった細やかな心遣い が、ネイルをしてもらうだけで伝わってくるから、リピーターが多いことも納得。

細部まで行き届くサービスで大満足

今アメリカ人の間で話題のカラー、バイオリン。こちらもNaokoさんのセレクト 今アメリカ人の間で話題のカラー、バイオリン。こちらもNaokoさんのセレクト

ネイルメニューは6種類。今、同サロンの人気はバイオジェルカラー(60分/40ドル)。レモンの入った清潔感あふれる足湯からスタートするベーシックペディキュア(40分/25ドル)もお手頃で人気。ファイルでつめを整え、キューティクルのお手入れ、角質のスクラブへと続く。そして、ブレープフルーツオイルを使った膝下のローションマッサージのケアで、心身ともにリラックスすると、メインのペディキュアへ突入。色はもちろんNaokoさんのセレクトで、満足度100%。ネイルもスクールもぜひお試しあれ!

【関連情報】

洗練されたモール内にあるサロンは、リラックスできると地元の人々からも大好評 洗練されたモール内にあるサロンは、リラックスできると地元の人々からも大好評

■ Lily Skin Care Solutions
住所:24578 Hawthorne Blvd., Hillside Village, Torrance, CA 90505
電話番号:310-373-4288
営業時間:火曜〜日曜:10:00〜18:00(予約制・時間外要相談/金曜は予約のみ20:00まで)
定休日:月曜(時間外要相談)
ウェブサイト:www.lily-beauty.com
アクセス:ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード/途中名称が「Pacific Coast Highway(パシフィック・コースト・ハイウェイ)」へ変更)」を南下すること約40分。「Hawthorne Blvd(ホーソン・ブルバード)」で右に曲がり、約3分ほどで出てくる道沿い左手の「Hillside Village(ヒルサイドビレッジ)」内

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索