ロサンゼルスの多文化を楽しむ術

アメリカ合衆国・ロサンゼルス・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ロサンゼルスの多文化を楽しむ術

掲載日:2012/03/07 テーマ:観光地・名所 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス ライター:大山真理

タグ: 一度は見たい 街歩き 名画



ABガイド:大山真理

【アメリカ合衆国のABガイド】 大山真理
全ガイドを見る
アメリカ(ロサンゼルス)在住。夕刊フジなど新聞や、日経ヘルス(日経BP社)などの出版社、30都市徹底ガイドなど各種媒体に健康、流行、旅行、インタビュー記事などを執筆。訳書に「『もう頭にきた』と思ったときに読む本」など。テレビ番組の取材コーディネート、通訳、東京FM、FM802、FM815などで

多民族の文化が混合するロサンゼルスは、今後もますます移民が増え、経済も発展する見通し 多民族の文化が混合するロサンゼルスは、今後もますます移民が増え、経済も発展する見通し

多文化の街、ロサンゼルス

人種のサラダボールといわれるロサンゼルス。約86の言語を話す140カ国以上のさまざまな人種が居住する街だから、ロサンゼルスにいるだけで、あらゆる国の文化が体験できるのが、この街の魅力だ。観光客はもちろん、アンジェリーノ(ロサンゼルスの地元人)でさえ知らない隠れ家スポットが、まだたくさん存在する。今回は、そんなスポットのなかから、壁画で有名なメキシコ系アメリカ人の街と、黒人文化の発祥地となった黒人街にフォーカスしてご紹介しよう。

 

壁画は、ブラック・アイド・ピーズの“Where Is the Love?”のPVにも何度も使用されている 壁画は、ブラック・アイド・ピーズの“Where Is the Love?”のPVにも何度も使用されている

有名アーティストの作品も

まずは、メキシコ系アメリカ人の居住地として知られる「Boyle Heights(ボイルハイツ)」。ここの「Estrada Courts(エストラダ・コート)」は、約50もの壁画で有名なスポットだ。1970年代を中心に活躍した、メキシコ系アメリカ人のアートグループ「ASCO(アスコ)」のメンバーを含む大きな壁画が観賞できる。なかには、有名アーティストの作品もあり、ロサンゼルス壁画保存委員会など保存の対象にセレクトされている。メキシコ系アメリカ人の人権運動とアート運動の時代に描かれた壁画。そんな背景を胸に、じっくりと観賞したい。

 

フィフスストリート・ディックス・コーヒーハウスがあるリマートパーク フィフスストリート・ディックス・コーヒーハウスがあるリマートパーク

ジャズのトレードマーク

そして、サウスセントラルの黒人街「Leimert Park(リマートパーク)」。ここにある「Fifth Street Dick’s Coffee House」は、ジャズのトレードマークとなったスポットだ。同コーヒーショップは、1992年に元ホームレスのリチャード・フルトンがオープンし、その数日後にはLA暴動が。しかし、ここが街の人々の憩いの場になり、リチャードはジャズを演奏するように。次第に、世界級のジャズ奏者がギグの後に立ち寄りジャムを行うようになり、黒人音楽や文化の発祥地になった。そんな歴史が詰まったスポットだから、立ち寄る価値大。

 

これまでとは違った角度からロサンゼルスを、じっくりと探索してほしい これまでとは違った角度からロサンゼルスを、じっくりと探索してほしい

【関連情報】

■Estrada Courts(エストラダ・コート)
住所:3200-3300 E. Olympic Blvd. Los Angeles, CA
アクセス:ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード)」を南下し、フリーウェイ105号に乗る。約10分で出てくるフリーウェイ110号North方面に乗り換え、約2、30分ほど運転し、フリーウェイ10号East方面に乗り換える。「Santa Fe Ave.(サンタフェ・アベニュー)」で下り、右折して「Santa Fe Ave(サンタフェ・アベニュー)」に乗り、まもなく出てくる「Olympic Blvd(オリンピック・ブルバード)」を左折。道沿い左手の3200番地〜3300番地一帯が「エストラダ・コート」

■Fifth Street Dick's Coffee House(フィフスストリート・ディックス・コーヒーハウス)
住所:4305 Degnan Blvd, Los Angeles, CA 90008
電話:323-545-9077
アクセス:ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード)」を南下し、フリーウェイ105号に乗る。「Crenshaw Blvd(クレンショー・ブルバード)」で折り、約30分で出てくる「W 43rd Place(ウェスト・43番プレイス)」で右折。初めての角にあたる「Degnan Blvd(デグナン・ブルバード)」を左折した道沿い左手の4305番地

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/03/07)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値ロサンゼルスツアー


最安料金万円

合算 5.48万円6.68万円
旅行代金: 5.486.68万円
燃油:旅行代金に含まれています
4日間
成田発

ロサンゼルス ツアー

<弾丸USA★先着30名様限定の限定価格!往復直行便確約♪>とにかく安く行きたいアナタにオススメ♪自由に巡るロサンゼルス4日間

ホテル:メトロプラザホテル同等クラス(ロサンゼル…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

<エコノミーホテル利用>価格重視の方、学生の方向きのツアーとなります。

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 5.48万円
旅行代金: 5.48万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

ロサンゼルス ツアー

<JTB Web限定> <福春スペシャル>羽田発 日付があえばお買い得!ロサンゼルス<売り切れ必至!早めの予約をオススメします!> デルタ航…

ホテル:ロサンゼルス Cグレ-ド (部屋指定なし…
航空会社:デルタ航空、アメリカン航空 のいづれか

旅行会社/ブランド:JTB Web専用商品

合算 5.98万円7.48万円
旅行代金: 5.987.48万円
燃油:旅行代金に含まれています
4日間
成田発

ロサンゼルス ツアー

旅のアウトレット <学生さんにもオススメ!>成田発 往路日本語係員送迎付き!ロサンゼルス<往路日本語係員送迎付きでこの価格!> ユナイテッド…

ホテル:カワダ ホテル(ロサンゼルス)
航空会社:ユナイテッド航空、アメリカン航空 のいづ…

旅行会社/ブランド:JTBお買得旅

合算 目安 6.00万円8.40万円
旅行代金: 6.008.40万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
成田発

ロサンゼルス ツアー

【売切御免】成田発着 航空会社未定 ラスベガス2泊&ロサンゼルス2泊 6日間 サーカスサーカスホテル&カジノ // KAWADAホテル また…

ホテル:サーカス サーカス ホテル または同等…
航空会社:ANA、シンガポール航空、デルタ航空、日…

日程表を見る

☆ラスベガスホテル一例:サーカスサーカス ホテル&カジノ☆ロサンゼルスホテル一例:カワダホテル ダウンタウンに位置し、地下鉄のCIVIC CENTER駅がすぐのところにあるので 移動や観光に大変便…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 6.10万円10.00万円
旅行代金: 6.1010.00万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

ロサンゼルス ツアー

<とにかく安く価格重視> …━ダウンタウンまでメトロで一本!Wilshire/ Western駅近でリーズナブルなホテル『ラマダウィルシャー…

ホテル:ラマダ・ロサンゼルス・ウィルシャー・セン…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

・…━北米最大規模のコリアタウン地区に泊まる!L.A.3泊5日━…・ダウンタウンまでパープルラインで一本という便利な立地!●旅のポイント・価格重視、とにかく安く行きたい人向け・旅をカスタマイズでき…

旅行会社/ブランド:旅工房

合算 6.18万円8.28万円
旅行代金: 6.188.28万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

ロサンゼルス ツアー

<早い者勝ち!先着30名様限定の限定価格!往復直行便確約♪>とにかく安く行きたいアナタにオススメ♪自由に巡るロサンゼルスの旅5日間

ホテル:メトロプラザホテル同等クラス(ロサンゼル…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

<エコノミーホテル利用>価格重視の方、学生の方向きのツアーとなります。

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事