page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・鉄道の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

生きた歴史が味わえる蒸気機関車の乗車体験


掲載日:2013/02/26 テーマ:鉄道 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: たのしい 一度は行きたい 登山鉄道


19世紀の機関車でノスタルジック体験

約6キロの距離を休憩をはさみながら、ゆっくりと観光 約6キロの距離を休憩をはさみながら、ゆっくりと観光

アメリカの生きた歴史を体験したいあなたにおすすめのスポットが「Yosemite Mountain Sugar Pine Railroad(ヨセミテマウンテン・シュガーパイン・レイルロード)」。ここでは、19世紀に使用された蒸気機関車に乗車してノスタルジックな体験ができる。オープンエアの座席に座り、シエラネバダ山脈のお膝元で、広大なサトウマツ林の景観を楽しみながら、1時間かけて観光だ。ヨセミテ公園の南ゲートから約20分なので、ヨセミテ観光のついでに一度立ち寄ってみてはいかが。

ゴールドラッシュ時に登場

ベンチには丸太を、乗車両は実際に材木切り出しに使用 ベンチには丸太を、乗車両は実際に材木切り出しに使用

この蒸気機関車を復活させようと考えたのが、同レイルロードを経営するスタッファーさん。1950年代に宿屋を営んでいた彼は、宿のそばに線路の名残りを発見。この線路には、こんないきさつが。その昔、1800年代後半に、この地区はカリフォルニアのゴールドラッシュで人口が急増。同時に、住居用の材木が必要になって、材木を運ぶ手段に使用われたのがこの蒸気機関車だったとか。そんな歴史を感じながら乗る蒸気機関車も感慨深いもの。

趣いっぱいの博物館も

ロサンゼルス空港からは、渋滞なしで約5時間のドライブ ロサンゼルス空港からは、渋滞なしで約5時間のドライブ

敷地内には、1850年代に建てられた2階建てのキャビンを使った「Thornberry Museum(トーンベリー博物館)」がある。この博物館もなかなかの趣が。1850年代当時に建てたこの建物をオークハースト市で少しずつ分解し、フィッシュキャンプ市に送った後、丸太や屋根を元の位置に戻して、現在の建物にしたのだとか。他にも、カリフォルニアのゴールドラッシュ時代の金鉱者たちが行ったのと同じ方法で砂金を採取し、“一攫千金”体験をしたり、ゴールドラッシュの歴史が学べるので、家族で出かけてみるのもアリかも。

関連情報

月や曜日によっては乗車ができない時もあるので、要問い合わせのこと 月や曜日によっては乗車ができない時もあるので、要問い合わせのこと

Yosemite Mountain Sugar Pine Railroad
56001 Hwy 41 Fish Camp, CA 93623
559-683-7273
アクセス:
ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード)」を南下し、フリーウェイ105号に乗る。約2、3分で出てくるフリーウェイ405号North方面に乗り換え、フリーウェイ5号Northに乗り換える。約61マイル(約98キロ)先に出てくるフリーウェイ99号線Northに乗り換え、約132マイル(約212キロ)先に出てくるフリウェイ41号線Northに乗り換えた、道沿い右手の56001番地

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/02/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索