page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ビバリーヒルズの老舗チョコレート店


掲載日:2017/04/04 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: おいしい セレブ 甘い


セレブ御用達のチョコレート店

一番人気は「フレンチトリュフ」 一番人気は「フレンチトリュフ」

ビバリーヒルズの老舗チョコレートショップ「Edelweiss Chocolates(エーデルワイス・チョコレート)」。ハリウッドの映画全盛期、1942年に創業されたから、当時からハリウッドセレブたちに大人気。当時は、歌手のフランク・シナトラ、レーガン大統領夫人のナンシー・レーガン、そして、自家製マシュマロをチョコレートで包んだ「プレ−ンマシュマロ」がお気に入りの、マドンナも大ファン。ハリウッドセレブの楽屋や映画プロデューサーのオフィスなどにもあるのが、ここのチョコレート。

素材探しのこだわり

「チョコレート・カバード・プレッツェル」は日本人にも大人気 「チョコレート・カバード・プレッツェル」は日本人にも大人気

そんなチョコレートの人気の秘密は、素材探しのこだわり。オレンジピール(オレンジの皮を乾燥させたもの)は、イタリア産、ショウガはニュージーランド産など、チョコレートに合う素材を、世界中から探して使っている。たとえば、プレッツェルをチョコレートで覆った「チョコレート・カバード・プレッツェル」。実は、30年使用していたプレッツェルは、12年前に工場が閉鎖。そのため、3年かけて世界中の150社のプレッツェルを食べ歩いて、塩の量やプレッツェルの厚さなどが、同店のチョコレートにぴったりあうものを探しあてたのだとか。

アンティークの機械が見もの

アンティークの機械が見もの アンティークの機械が見もの

ショップの裏が工場になっている同店では、工場見学をさせてくれる。チョコレートを溶かしたり、形を整えたり、チョコレートの飾り付けをするのは、すべて手作業。そんな工程は今ではとても珍しいから、アメリカでチョコレート作りがみられるのも楽しい体験。また、同店で使う機械も見もの。ほとんどがアンティークで、たとえば、ナッツを細かく砕く機械「ナッツグラインダー」は、120年前から使われているもの。そんなアンティーク機械がみられるのも、同店ならでは。一度、ぜひ足を運んでみては。

関連情報

工場見学に行くときは、予約をおすすめ 工場見学に行くときは、予約をおすすめ

Edelweiss Chocolates(エーデルワイス・チョコレート)
住所:444 N Canon Dr., Beverly Hills, CA 90210
電話:310-275-0341
ウェブサイト:https://edelweisschocolates.com
アクセス:ロサンゼルス空港方面から「Sepulveda Blvd(セパルベダ・ブルバード)」を南下し、すぐに出てくるフリーウェイ105号東方面に乗る。2、3分で出てくる405号北方面を約20分北上し、「Santa Monida Blvd(サンタモニカ・ブルバード)」で下りる。約20分で出てくる「Canon Dr(カノン・ドライブ)」で右折し、道沿い左手の444番地

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/04/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索