page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・おケイコの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

大自然のなかでラフティング体験


掲載日:2019/01/24 テーマ:おケイコ 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: おもしろい たのしい 一度は行きたい


アメリカンリバーでラフティング

「35キロのサウスフォークでラフティングを。ガイドは世界級で最高。みんなが楽しめて、すごくよかった」 「35キロのサウスフォークでラフティングを。ガイドは世界級で最高。みんなが楽しめて、すごくよかった」

毎年4月1日から10月1日までラフティング(川下り)ができる「Action Whitewater Adventures(アクション・ホワイトウォーター・アドベンチャーズ)」。場所は、サンフランシスコから車で約2時間半のところにある、コロマ市のアメリカンリバー。ロサンゼルスからは少し遠いけど、もし時間があれば少し足をのばして、アメリカらしい大自然を満喫してほしい。4月からスタートしているが、アメリカ人は日本人の私たちと体感温度が違うので、おすすめは5月以降。今から計画を立ててみてはいかが。

顔と足はいつも水面の上に

ボートから落ちても、顔と足は必ず水面から上げておこう ボートから落ちても、顔と足は必ず水面から上げておこう

ラフティングの前には、オリエンテーションでセーフティトークがある。「もし、ボートから落ちても、落ち着いて、リラックスすることが大切です」と、オーナーのマイケル・ジャレツさん。顔を水面から出して、背中は水面につけて、足を上げる。「足が流れにとられてしまうことがあるので、絶対に立ち上がってはいけません」。遠くに流されても、スローバッグ(救命道具)を投げてくれるから、ロープをつかんで肩にかけて待っていたら、ちゃんと引き上げてくれるから大丈夫。冷静でいることが大切。

クラス2と3の急流も楽勝

ラフティングは約22.5キロ。ランチタイムを入れてトータル4時間 ラフティングは約22.5キロ。ランチタイムを入れてトータル4時間

ラフティングのコースは、ノースフォーク、ミドルフォーク、サウスフォーク。ジャレツさんによると、ビギナーのおすすめは「サウスフォークのなかにある『The Gorge(ザ・ジョージ)』です」。子どもたち(7歳以上で22.6キロ以上)や家族連れに人気で、とても穏やかな流れをみんなでボートに乗って漕ぐ。ときどきクラス2の急な流れもあるから、笑顔が絶えない川下りに。ランチスポットに到着したら、デリランチ(肉、チーズ、パン、サラダ)を食べて、第2ラウンドに。次のキャニオン(渓谷)のラフティングには、クラス3の急流もあるけど前半で慣れているから、こちらも存分に楽しんで。

世界級のガイドたち

「会社の慰安旅行や家族旅行、若い人たちからシニアまで、みんな楽しんでいますよ」 「会社の慰安旅行や家族旅行、若い人たちからシニアまで、みんな楽しんでいますよ」

ボートには、国際ラフティングガイドが1人一緒に乗ってくれる。ガイドたちは、10日間のガイド学校を出て訓練を受けた人たち。といっても、すでに5〜10年のラフティング歴があり、世界中でラフティングをしている人たちがほとんど。なかには、競技会にでるようなブラジルチーム『Bozo Da Agua』の選手もいて、ガイドでついてくれることもある。「ラフティングのシーズンになると、世界中からガイド仲間がガイド仲間を呼んで、ガイドに入ってくれるんです」。こんな世界級のガイドと一緒に、楽しい旅の思い出を作ってみて。

関連情報

前半にChili Bar(チリバー)という2時間コースを追加した、6時間コースもおすすめ 前半にChili Bar(チリバー)という2時間コースを追加した、6時間コースもおすすめ

Action Whitewater Adventures(アクション・ホワイトウォーター・アドベンチャーズ)
住所:7421 CA-49, Lotus, CA 95651
電話:530-621-13150
ウェブサイト:https://www.actionwhitewater.com
アクセス:フリーウェイ80号線を東方面に進む。途中で50号線東方面に名称が変わる。37番出口でおりて、「S Shingle Road(サウス・シングル・ロード)」を北上。途中で名称が「Green Valley Rd(グリーンバレーロード)」に変わり、さらに、「Lotus Rd(ロータス・ロード)」に変わる。
フリーウェイ49号線で右折して、道沿い左手の7421番地

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/01/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索