page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・大自然の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

人気が高まるフォレストセラピー


掲載日:2019/09/19 テーマ:大自然 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: 一度は行きたい 大自然


フォレストセラピー

実は、大自然に囲まれているロサンゼルス 実は、大自然に囲まれているロサンゼルス

今、アメリカでフォレストセラピーが話題になっている。実は、これは、1980年代にスタートした日本の森林浴のこと。フォレストセラピーをガイドしてくれるのは、「Association of Nature and Forest Therapy Guides and Programs(ネイチャー&フォレストセラピー協会ガイド&プログラム)」。セラピーに出かけるのは、マウントボルディ(ボルディ山)やモンロビアキャニオン(モンロビア渓谷)など。「これらは、ロサンゼルスから1時間北に行ったところにあるエンジェルス・ナショナルフォレスト(エンジェルス国有林)にありますよ」。こう話してくれたのは、フォレストセラピーガイドのランス・ハードさん。

モンロビア渓谷でセラピー体験

木を触りながら、心にある思い煩いから解放 木を触りながら、心にある思い煩いから解放

それでは、モンロビア渓谷でセラピーを体験しよう。セラピーをしてくれるのは、モンロビア渓谷の森林そのもの。ハードさんの仕事は、参加者の心を開くガイド。モンロビア渓谷の森林を2時間くらい歩きながら、「木に触ってみよう」「松や花の香りをかいでみよう」「川のせせらぎに耳を澄ませてみよう」と言ってガイドしてくれる。すると、心に思い浮かんでくるいろんな考えにフォーカスせずに、心をすっきりさせていけるというわけ。最後に、自分がフォレストセラピーで感じたことや体験したことをみんなでシェアしたり、お茶を飲んで終わり。

科学で証明された効果いっぱい

週に一度は森林を歩こう 週に一度は森林を歩こう

ハードさんがガイドしてくれたフォレストセラピーには、科学的にも証明されている効果がたくさん。まずは、ストレス発散。「森林を歩いたほうが、研究室で歩くよりストレスホルモンのコルチゾールが減っているんです」。また、免疫力もアップしてくれる。「がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけたら攻撃するリンパ球、NK細胞の活動を促すので、免疫力がアップします」。実際、森林を2時間歩くと、NK細胞が50%増加したことが証明されている。他にも、想像力がアップしたり、気分もよくなったり、いいことがいっぱい。

健康をキープするリーズナブルな方法

「医者が処方箋に『2時間のフォレストセラピー』と書いてくれる時代がくるといいですね」とハードさん(写真) 「医者が処方箋に『2時間のフォレストセラピー』と書いてくれる時代がくるといいですね」とハードさん(写真)

フォレストセラピーの人気が高まっている理由は、こんな感じ。最近、アメリカでは多くの人たちが健康に気をつかうようになり、健康のために実用的な方法を探すようになった。また、医療保険代を含む生活費は、どんどん高くなっているので、病気にならないようにすることが一番経済的だと考えるように。そこでできるのがフォレストセラピー。「これなら薬を飲まなくてもいいし、ジムに行かなくてもいいですよ」。ロサンゼルスは広いから、都会から少し離れるだけでも、大自然がとても豊か。ぜひ、リラックス体験をしてみて。

関連情報

同じ時間や気持ちを共有するから、みんなと心が打ち解けられる 同じ時間や気持ちを共有するから、みんなと心が打ち解けられる

Association of Nature and Forest Therapy Guides and Programs(ネイチャー&フォレストセラピー協会ガイド&プログラム)
住所:PO Box 1764, Santa Rosa CA 95402, USA
電話:707-385-1563
ウェブサイト:https://www.natureandforesttherapy.org/
アクセス:集合場所は行き先によって異なる

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/09/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索