page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

インスタ映え写真がたくさん撮れる美術館


掲載日:2020/03/26 テーマ:美術館・博物館 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: おもしろい すごい! たのしい


ミレニアルズに人気の美術館

ハリウッドのど真ん中に2年前にオープン ハリウッドのど真ん中に2年前にオープン

今世界中で話題の美術館「The Museum of Illusions(ミュージアム・オブ・イリュージョン)」。インスタ映えする写真がたくさん撮れるから、大人気。中に入ると、逆さまに作った部屋がある風変わりな家が7つ、目の錯覚を使った壁画が30以上。これをバックに写真を撮ったら、その世界に入り込んで、まるで空想の世界にいるような写真が撮れる。「今はSNSの時代だから、アメリカでもうけると思った」。こう話してくれたのは、広報担当のマリア・カチャトリアンさん。

インタラクティブ・アート

写真を撮ったりすると1時間。鑑賞だけなら2、30分でまわれる 写真を撮ったりすると1時間。鑑賞だけなら2、30分でまわれる

コンセプトは、インタラクティブ・アート(参加型アート)。今、アートは、静かに遠くから鑑賞するのでなく、アートに触ったりしながら一緒に楽しめるものが増えてきた。「そういうことが大好きな、18歳から35歳のミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭までに生まれた人たち)の女性たちに人気です」。ミレニアル世代は、SNS世代でもあることが拍車をかけているようす。「エンタメ要素が詰まってて、楽しい」「どんな写真を撮るか一緒に考えたりするから、一致団結できる」と評判もバツグン。

一番人気はダウンタウンの高層ビル

アニメ、アート、最近のできごと、映画の1シーンなどの壁画が30以上 アニメ、アート、最近のできごと、映画の1シーンなどの壁画が30以上

一番人気は、ロサンゼルス・ダウンタウンの高層ビル。部屋の外の狭いスペースに立って、今にも落ちそうなスリリングな写真が撮れる。2番目に人気の壁画は、象。「もちろん本物でないことはわかっているけど、とてもリアルな写真が撮れることがうけているようです」。もし、どんなポーズで撮ったらいいのかわからなくても、壁画付近にあるQRコードを使ってすぐにサンプルが見られて、とても便利。今後は、アメリカ国内でも数を増やしていく予定だから、他の都市でも見られる日は近いかも。

関連情報

週末はなかなか次の写真が撮れないほど行列ができるから、平日がおすすめ 週末はなかなか次の写真が撮れないほど行列ができるから、平日がおすすめ

The Museum of Illusions(ミュージアム・オブ・イリュージョン)
住所:6751 Hollywood Blvd, Los Angeles, CA 90028
電話:800-593-2902
ウェブサイト:https://laillusions.com/
アクセス: 「Century Blvd(センチュリー・ブルバード)」を東に進み、405号線北方面に乗る。「Santa Monica Blvd(サンタモニカ・ブルバード)」でおりて、しばらく東に進む。「Highland Ave(ハイランド・アベニュー)」で左折し、Hollywood Blvd(ハリウッドブルバード)で右折した道沿い左手の6751番地

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/03/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索