page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ロサンゼルス・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

メキシコとビルマ、インドのフレーバーがミックスされた人気レストラン


掲載日:2020/07/31 テーマ:グルメ 行き先: アメリカ合衆国 / ロサンゼルス

タグ: おいしい レストラン 一度は行きたい


メキシコ X ビルマ X インド

新鮮なチリのペーストやソース、スパイスのブレンド、サルサなど大半の食材は自家製 新鮮なチリのペーストやソース、スパイスのブレンド、サルサなど大半の食材は自家製

サンタモニカのビーチ付近にある、メキシコの家庭料理レストラン「Tallula’s(タルラズ)」。ロサンゼルス・タイムズ紙など多くのメディアで紹介されて、話題。メキシコ料理が主流だが、ビルマやインドの血を引く総料理長が、その要素を料理にミックスして、メキシコ料理の風味を豊かにしているのが人気の秘密。使っている素材は、質の高いオーガニックをサンタモニカの青空市場や地元農家の人たちから直接、購入。持続可能な方法を使う漁師、牧場経営者などからも手に入れているから、その素材は、安心、安全。

人気のハンガーステーキ・タコス

人気の「グリルド・カルネ・アサダ」(上段真ん中) 人気の「グリルド・カルネ・アサダ」(上段真ん中)

人気メニューは「Grilled Carne Asada(グリルド・カルネ・アサダ:焼いた牛肉)」。牛肉は内臓を吊ってステーキにした「ハンガーステーキ」。この部位自体は動かさないので、とっても柔らかい。しかも、放牧で育てた牛だからとってもヘルシー。これに、しし唐や赤玉ねぎ、スマック(中近東の香辛料)、ディル(ハーブの一種)をあわせて、チポトレ(燻製にしたトウガラシの香辛料)と、甘酸っぱいフルーツのタマリンドで作ったソースをトッピング。これを、Masienda(マシエンダ)というメーカーのオーガニックで、遺伝子組み換えでないエアルーム・コーンを使ったトルティーヤで食べるから、とってもヘルシー。

ビルマ料理からアイデアをゲット

総料理長のソー・ネイン 総料理長のソー・ネイン

共同オーナーは、ジョシュ・ローブとゾイ・ネイサン。このレストランが昔、メキシコ料理レストラン「Marix Tex Mex(マリックス・テックス・メックス)」だったころからよく行き、ここで何かしたいとずっと思っていたそう。総料理長は、インド人のおばあさんにミャンマーで育てられた、ソー・ネイン。自分のルーツや家族で受け継がれたレシピを勉強して、レストランのオープン前には、母親にビルマ料理を作ってもらって、さまざまなメニューのアイデアをもらった。ロサンゼルスならではの融合料理。ぜひ、堪能してみて。

関連情報

料理界のアカデミー賞、ジェームズビアード賞にノミネートされたシェフ、ジェレミー・フォックスもシェフを担当 料理界のアカデミー賞、ジェームズビアード賞にノミネートされたシェフ、ジェレミー・フォックスもシェフを担当

Tallula’s(タルラズ)
住所:118 Entrada Dr., Santa Monica CA 90402
電話:310-526-0027
ウェブサイト:https://www.tallulasrestaurant.com/
アクセス:「W. Century Blvd(ウェスト・センチュリー・ブルバード)」を西に進む。「S. Sepulveda Blvd(サウス・セパルベダ・ブルバード)」で左折し、3マイル(約4.8キロ)進み、「Howard Hughes Pkwy(ハワード・ヒューズ・パークウェイ)」で左折。フリーウェイ405号線北方面にのって6.7マイル(約10.7キロ)進み、フリーウェイ10号線西方面に乗り換える。そのまま進むと1号線に変わり、「Entrada Dr (エントラーダ・ドライブ)」で右折した道沿い右手118番地

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/07/31)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索