憧れの海外ライフ、日本が恋しくなることも

海外にいるとき、日本が恋しくなることはありませんか? 特に食文化の違いでお米が食べたくなったり、日本食が食べたくなることが多いと思います。やはり日本で生まれ育った私たちは、なかなか海外の食文化に慣れ親しむことに苦労するものです。憧れの海外ライフを送っていても、ときどき日本が恋しくなることでしょう。また、日本食を味わうことができるお店だけではなく、遠慮なく日本語も使える空間は、長期滞在者にとってまさにオアシスのような場所ですね。そんな日本を感じられる場所がロサンゼルスにあるのです。

日本が恋しくなったら行きたい、ロサンゼルスにある和風居酒屋 日本が恋しくなったら行きたい、ロサンゼルスにある和風居酒屋

日本と変わらない暮らしができる!? ロサンゼルスのリトルトーキョー

日本人が数多く暮らすロサンゼルスには、リトルトーキョーと呼ばれる日本人街があります。アメリカ人が大好きなお寿司屋さんをはじめ、ラーメンやうどんなどが味わえる日本食レストランが立ち並んでいます。日本食材が買えるスーパーマーケットもある他、日本人向けの宿泊施設も数多く存在するため、たくさんの日本人が暮らしています。ロサンゼルスのリトルトーキョーは、日本と変わらない暮らしができる数少ない地域なのです。その中でも日本が恋しくなったときにオススメのお店があります。日本ならではの情緒に触れることができる「居酒屋」です。

ロサンゼルスに居酒屋!? 日本人の心のオアシス

ロサンゼルスのリトルトーキョーには、日本式の居酒屋がたくさんあります。お寿司やしゃぶしゃぶ、すき焼きなどを味わえるお店から、博多のもつ鍋や沖縄料理などのご当地料理を味わえるお店まで幅広く展開しています。アメリカでは”サケ”と呼ばれて親しまれている日本酒も豊富に取り揃えています。日本人スタッフも多いため、日本語も使えて安心です。日本が恋しくなったら、ロサンゼルスの居酒屋の大将と日本語で話しながら、慣れ親しんだ日本食を味わってみてはいかがでしょうか。きっと心のオアシスになるはずですよ。