アメリカの正月は7月?

日本では正月は大切なイベントとして、多くの会社が休みになり家族が集まる日として認知されています。別に書いたカウントダウンの記事では、「アメリカはクリスマスが中心、で正月という概念はあまりない」ということを書きました。しかし、アメリカでいう正月のようなイベントは、違う時期にあります。

2016年世界のイベント〜まるで正月のようなアメリカの独立記念日 2016年世界のイベント〜まるで正月のようなアメリカの独立記念日

独立記念日に込められた思い

それは独立記念日。1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して、毎年7月4日に定められているアメリカ合衆国の祝日です。歴史的には、植民地化されていたアメリカの国民が独立することを宣言して立ち上がったという大切な日です。この日がなければ今のアメリカはないと考えるアメリカ人も多く、みんなで集まってお祝いをします。パーティー好きのアメリカ人が、必ずと言えるほどパーティーをする日なので、町は活気で溢れます。

まるで戦地!?驚く風景

お祝いごとがあると花火を打ち上げるのがアメリカ。普段は基本的に個人が打ち上げ花火をすることが禁止されている州が多く、イベントなどへ行かないと見れません。しかしこの日は例外。町中のスーパーやコンビニなどで花火が販売され、誰でも打ち上げ花火をしてもいい日になるのです。つまり、町中で次々と花火が打ち上がるという凄い状態に。私も仕事帰りで友人とのパーティーへ向かうためフリーウェイを運転していたことがあったのですが、道路のすぐ横から爆発音が鳴り続けるという、すごい夜でした。綺麗ですが、とにかくびっくりします!

注意しなければいけないこと

そんな楽しい祝日。家族で集まるのもよし、仲間と集まるのも最高に楽しいですが注意しなければいけないこともあります。それはなにより飲酒運転。交通網があまり発達していないアメリカではほとんどの人が車移動。この日はポリスも最大限のパトロールをしており、飲酒運転で逮捕されている人をたくさん見かけます。運転手は飲まないことはもちろん、飲酒運転をしている車が走っている場合もあるので、事故に巻き込まれないよう慎重に運転してください。私は毎年7/4はアメリカで過ごしたいと思うほど好きな日。日本では特にイベントがない日だと思うので、是非一度味わってみてください。イベントを開催しているところへ行き、花火を楽しみながらみんなと一緒に、普段歌うことのあまりないアメリカ国家を合唱するのも、良い時間ではないでしょうか!