本場のクラブで本物を味わう

ロサンゼルスといえば「エンターテインメントの町」として認知される方も多いはず。ここは様々なジャンルのエンターテインメントが発信される場所であり、世界中から人が集まってきます。そんなロサンゼルスで注目されるもののひとつがクラブです。そこではハリウッドスターもパーティーを開くなど、様々なことが行われています。音響や照明が最高なのはもちろん、有名な DJが最高の空間を作り出してくれます。週末には長蛇の列を作るクラブも多く、色んな人が楽しむ場所となっています。

これが本当のクラブ!?エンターテイメントの町、ロサンゼルスでおすすめのクラブ その1 これが本当のクラブ!?エンターテイメントの町、ロサンゼルスでおすすめのクラブ その1

楽しそうでもやはり夜の遊び、不安も、、、

一見華やかな世界ですが、やはり海外なので不安も多いことでしょう。ですが、基本的には日本と同じなのでご安心ください。まず、入り口では黒服を着たスタッフさんがIDチェックをしています。これは日本でも同じだと思いますが、アメリカでのIDチェックはかなり厳しくされます。旅行者の方は基本的にパスポートを持っていくようにしてください。日本語の免許証や保険証は使えず、国際免許証なら入れることもありますが、パスポートが一番確実です。ちなみにアメリカの成人は21歳。どれだけ見た目が大人でも、必ずIDチェックはされます。21歳以下が入れるイベントでは、未成年者はアルコールが飲めないようリストバンドなどが付けられます。最後のチェックはボディチェック。ほとんどのクラブでは、銃など危険物の持ち込みを禁止しているのでポケットやカバンの中身をチェックされます。なるべく荷物を少なくして行くのもポイントです。クラブにもよりますが、ドレスコードを守らないと入れないところもあるので、短パンにサンダルなどカジュアルすぎる服装は避けるようにしましょう。

入り口を抜ければ、あとは楽しむだけ!

入るまでに色々と不安があったとは思いますが、入ってしまえば楽しい夜の始まりです。日本よりも幅広い年代や地域の人が集まる傾向がありますが、会場の一体感はそんなものを忘れさせてくれます。バーカウンターに座りながら外から楽しむのもよし、フロアに入り込んで思い切り楽しむのもよし。せっかくなので色んな人と喋って、友達を作るのもいいですね!(その2へ続く)