ロサンゼルスといえばナイトライフ、アメリカで初めての本格ディスコ

みなさんは、ロサンゼルスでの夜をどのように過ごしますか? ロサンゼルスといえば、アメリカを代表する観光都市です。西海岸という温暖な土地柄、バカンスを満喫できるビーチからショッピングまで揃っています。一方でロサンゼルスは、世界的なエンターテインメントが有名な都市でもあります。ディスコやクラブ、ライブハウスなど、ナイトライフを彩る施設がたくさんあります。一度は訪れたいナイトスポットばかりです。そんなロサンゼルス、実はアメリカ初の本格ディスコができた場所ということをご存知でしょうか?

アメリカ初の本格的ディスコ! 数々の大物バンドを輩出したウイスキー・ア・ゴーゴー アメリカ初の本格的ディスコ! 数々の大物バンドを輩出したウイスキー・ア・ゴーゴー

バンドの生演奏とゴーゴーダンスの誕生

それはアメリカを代表するエンターテインメントタウン、ウエストハリウッドにあります。その名も「Whisky a Go Go」は、銀行の建物を利用して造られたアメリカ初の本格的ディスコです。設立当初は、レコードが流れる一般的なディスコとしてオープンしました。しかし、バンドによる生演奏とミニスカートの女性が、演奏の合間に吊るされた檻の中でDJプレイをするというスタイルが人気を博します。この女性DJがバンド演奏中に踊ったことが演出のひとつと考えられ、これが現在の”ゴーゴーダンス”の起源となりました。

世界的なバンドを数多く輩出! 今ではロックの聖地に

バンドの生演奏が特徴のこのディスコでは、常時ライブを行う必要がありました。そのため、いくつかのバンドを抱えて運営していました。その中でも「ザ・ドアーズ」は、レギュラーバンドとして最も世界的に有名になったバンドといえるでしょう。ディスコブームのあとは、パンクやメタルブームに支えられ、ライブハウスとしての要素を高めていきます。しかし、このブームが過ぎ去ると経営悪化から閉鎖を余儀なくされました。現在は、貸切コンサート会場として運営されています。その一方で、キンクスやジミ・ヘンドリクス、レッド・ツェッペリン、ガンズ・アンド・ローゼスらが出演したロックの聖地として観光スポットにもなっています。ロサンゼルスを訪れたら、ロック好きには外せない伝説の場所ですよ。