ロサンゼルスの治安と交通事情

近年治安もよくなってきたといわれるロサンゼルスですが、まだまだ治安のよくないエリアも少なくありません。日が暮れてからの外出や地下鉄、バスなどは利用を控えるように、各種ガイドブックが注意喚起していることも不安をあおります。タクシーを利用するにしても、ロサンゼルスには流しのタクシーがいないため、電話で呼ぶか、ホテルやレストランなどで拾う以外の方法がありません。一方でエンターテインメント産業が盛んなロサンゼルスでは、夜になると様々なショーが開催されます。また、ロサンゼルスを拠点にカリフォルニアを満喫するのも醍醐味の1つと思います。では、どのような交通手段を使えばよいのでしょうか?

ロサンゼルスでの交通手段、遠出にはレンタカーがオススメ!! ロサンゼルスでの交通手段、遠出にはレンタカーがオススメ!!

車抜きには考えられないアメリカ社会

現在のアメリカは、世界一の車社会といっても過言ではありません。車で移動することを基本に生活をしているといってもよいほどです。アメリカでは地平線の見える広大な道路や、片側5車線のハイウェイなど、単純にドライブを楽しめるロケーションが整っています。また、公共交通機関でのアクセスが難しい国立公園に向かうには、車は旅行者の重要な足となります。そんな車社会のアメリカでの旅行に便利なのが、出国前に日本からも予約手続きが可能な「レンタカー」です。

日本の運転免許証で運転は可能?

車を運転するためには、もちろん運転免許が必要です。日本とアメリカは、ジュネーブ条約を締結しているため、互いの国の運転免許を所持していれば、パスポートと共に携行することでそれぞれの国で車の運転が可能です。しかし、仮にスピード違反や交通事故を起こしてしまった場合、アメリカの警察が日本の運転免許証を見ても、それが運転免許証であることがわからない可能性があります。一方で同じくジュネーブ条約を締結しているアメリカとイギリスは、どちらも英語の運転免許証であるため、このような問題は起こりません。そこで日本人がアメリカで運転するために必要になるのが「国外(国際)運転免許証」です。ロサンゼルスの滞在に限りませんが、アメリカへ行く場合には予め、国外運転免許証を取得してから渡米するようにしましょう。