アメリカのドライブマナー

一般的にアメリカのドライブマナーは、日本よりもはるかに良いといわれています。例えば、アメリカには赤信号でも右折可能な交差点が存在します。日本と違った交通ルールに戸惑ってしまい、なかなか交差点に進入できない方も多いのではないでしょうか。日本であればクラクションを鳴らされたり、パッシングされたりと他の車にプレッシャーをかけられることも多いと思います。しかし、アメリカではそのようなことはほとんどありません。信号が変わるまで待ってくれることが多いのです。これはアメリカ人ならではの、おおらかな気質が生んだマナーなのかもしれませんね。

アメリカでレンタカーを運転するために その5 ドライブマナーと運転の注意点 アメリカでレンタカーを運転するために その5 ドライブマナーと運転の注意点

もらい事故に要注意!!

一方で注意しなければならないのが、「もらい事故」です。いくら自分がドライブマナーを守って運転していても、防ぎようのない事故はいつ起きるかわかりません。アメリカでは、日本よりはるか簡単に運転免許証が取得できます。よって、かなりのご老人が運転している姿も現地では良く見受けられます。また、前述の通り、アメリカでは若年層の交通事故がとても多いため、ヤングドライバーにも注意が必要です。他の車が自分の思い通りの動きをするとは限りません。アメリカを運転する場合は、運転技術の高くない人もたくさん走っているということを念頭に置いておくことが重要です。

スピードの出し過ぎには十分ご注意を!!

日本と同様に、スピードの出し過ぎには十分注意しなければいけませんが、アメリカの速度オーバーの取締りは、日本よりもはるかに厳しいのです。アメリカには、いくつかの州をまたいでいるフリーウェイがあります。州によって速度制限が異なることがありますので、常に標識を確認して走行する必要があります。昼と夜で違うこともありますので、一般道でも同様に注意が必要です。また、スピードメーターがキロ表示ではなく、マイル表示であることも速度オーバーの要因になります。ハイウェイの一般的な速度である70マイルも、キロ換算(1マイル約1.6キロ)すると約112キロです。自分の運転技術に見合った運転を心がけましょう。

現地の交通事情やマナーを理解することが第一

日本もアメリカも車の運転の仕方は変わりません。しかし、国が違えばレンタカーのレンタル方法だけではなく、交通ルールやドライブマナーも大きく様変わりします。私は大型二種免許を所有しているため、日本ではプロドライバーですが、やはり海外での運転には大きな不安があります。運転とは常に命の危険と隣り合わせです。アメリカで車を運転する際には、交通事情やマナーなどをよく理解した上で利用するようにしましょう。そうすれば車は、きっと素晴らしい旅のツールになることと思います。