ロサンゼルス観光に便利な路線バス

ロサンゼルス旅行をする際、みなさんはどんな交通機関を利用しますか? 世界一の車社会といわれるアメリカの多くの都市は、地下鉄があまり整備されていません。日本人に人気の世界有数の観光都市ロサンゼルスも、その例外ではありません。一方で日本人にとっては、レンタカーは慣れない右側通行に左ハンドル、英語の交通標識などハードルが高いものです。そんな中でも利用しやすいのが、運行本数と発着地が多いバスです。しかし、ロサンゼルスでバスを利用する場合は、いくつか注意が必要です。日本人が気をつけたい、ロサンゼルスでバスを旅行する際の注意点をご紹介します。

おつりが出ない!? ロサンゼルスでバスに乗るときの注意点 おつりが出ない!? ロサンゼルスでバスに乗るときの注意点

お釣りが出ないので要注意!

ロサンゼルスのバスを利用する際に、最も気をつけたいことは”おつりが出ない”ということです。日本のバスの場合は、料金箱の脇に両替機が付いています。もし両替機がない場合でも、運転手さんに頼めば両替をしてくれます。しかし、ロサンゼルスでは、これらの機器やサービスが一切ありません。ロサンゼルスのバスは、乗換えを除いて定額制で1.75ドルかかります。仮に5ドル札しかない場合は、そのまま5ドル札を支払わなければなりません。そんなときは、日本のPASMOやSuicaのような、TAPカードという交通カードを利用しましょう。メトロセンターやコンビニで発券、チャージできますので、利用頻度によって現金と使い分けることをオススメします。

夜の利用と乗降場所には気をつけよう!

もうひとつ日本人が気をつけたいのは、バスを利用する時間帯と路線です。ロサンゼルスのバスの夜間利用は、避けた方がいいでしょう。また、バスによっては、かなり治安の悪いエリアを通ることがあります。特に間違って降りた場所が治安の悪いエリアの場合、そのバス停で次のバスを待つことすら危険です。ロサンゼルスでバスを利用する場合は、これらに十分気をつけて利用するようにしましょう。