車が必要不可欠なロサンゼルス

ロサンゼルスにロングステイする場合、車は必要不可欠な交通手段になります。世界一の車社会といっても過言ではないアメリカは、ロサンゼルスのような観光都市であっても、地下鉄やバスなどの公共交通機関があまり整備されていません。また、公共交通機関は安価であることから、治安面からも不安が残ります。特に夜間の利用は避けたいところです。さらに治安の悪いエリアも通行するため、降車場所を間違えると危険なこともあります。従って、ロサンゼルスでのロングステイには、車が必要不可欠なのです。では、その車をどうやって手に入れたらよいのでしょうか?

ロサンゼルスにロングステイ、格安中古車を手に入れよう! ロサンゼルスにロングステイ、格安中古車を手に入れよう!

レンタカーと中古車購入の2つの方法

ロサンゼルスで車を手に入れる方法は、2つあります。1つは気軽に借りられるレンタカー、もう1つは中古車の購入です。ショートステイであればレンタカーをオススメしますが、ロングステイの場合は中古車を購入した方がお得なことがあります。アメリカは、中古車市場がとても発達しています。専門のディーラーだけではなく、個人売買も頻繁に行われています。そのため年式や走行距離にもよりますが、日本と比べて比較的安価に購入が可能です。また、日本の場合は、走行距離が10万キロを超えると車の価値が0に近くなりますが、アメリカでは問題なく買い取ってくれます。これで帰国時も安心ですね。

ディーラーと個人売買、そのメリットとデメリット

初めてロサンゼルスで中古車を購入する場合は、ディーラーの利用をオススメします。各種保険や保証などをつけてもらえますので、初心者でも安心して手続きが可能です。一方でとにかく安く中古車を手に入れたい方は、個人売買を希望している方を探す必要があります。びびなびやEBAYなどのウェブサイトに、個人売買希望者が掲載されています。ただし、個人売買の場合は、市場価格との比較がしにくかったり、整備が行き届いてなかったりするデメリットもあります。ディーラーから購入する場合もそうですが、事故歴やメンテナンス情報などを十分に調べてから購入するようにしましょう。