アメリカでチップが必要な意外な場面

日本人がアメリカ旅行をする際に、やはり慣れないのはチップの習慣です。我々日本人からすると、チップとは何か特別なサービスを受けたときに、お釣りをそのままチップとして渡す、いわゆる「釣りはいらないよ」のイメージが強いのではないでしょうか。一方アメリカでは、労働者にとって立派な収入の一部となっています。そのため、チップの習慣がない日本人観光客は、どうしてもアメリカ人に嫌われがちです。今回は、チップが必要な意外な場面をご紹介します。

チップが必要な意外な場面! アメリカではラーメン屋でもチップが必要? チップが必要な意外な場面! アメリカではラーメン屋でもチップが必要?

日本食レストランでチップは必要か?

ここで質問です。アメリカにある日本食レストランで食事をする場合、みなさんはチップを支払う必要はあると思いますか? これは、多くの人が迷ってしまう部分かと思います。少なくとも、私は初めてアメリカへ行った際に、最もチップを支払うかどうか迷った場面のひとつです。答えは、日本食レストランであろうと、チップを支払う必要はあります。お会計をお願いすると、アメリカの一般的なレストランと同様に、チップの金額を記入する欄があるレシートとペンを渡されます。ここにチップの金額とトータルの金額を記入し、クレジットカードまたは現金で支払いましょう。

ラーメン店でもチップが必要なの!?

もうひとつ質問です。では、アメリカにあるラーメン店でチップを支払う必要はあるでしょうか? ラーメンといえば、我々日本人にとってファストフードのひとつです。アメリカ人にとってのハンバーガーショップのように、気軽に入って食事をします。しかし、アメリカにあるラーメン店は、立派な日本食レストランなのです。ラーメン一本で勝負しているお店は少なく、お寿司や定食なども注文が可能です。ラーメン店であっても、レストランと同様のレシートを渡されますので、必ずチップを支払うようにしましょう。アメリカの日本食レストランへ行く際は、これらを是非参考にしてみて下さい。