ビール・ストリートの人気店というと

メンフィスのビール・ストリート、その1からの続きです。B.B.キングの店の名は「B.B.King Blues Club」。そのままですね(笑)。B.B.が亡くなった今も、この通りの超人気店で、メンフィスに来たら一度は訪れたい店です。場所はビール・ストリートの西端。ちょうど歩行者天国になるあたりで、いつも警官が立っているので治安も問題ありません。開店時間は11:00〜24:00まで。金と土曜の夜は翌2時までです。ステージでのライブは夜の19時ごろから。だいたい40分演奏して、20分休み、また始めるといった具合。ひと晩に2グループが出ます。この通りの店にしては珍しくチャージがかかるのですが、それでも5〜10ドルといったところ。バーエリアとテーブル席があるので、食事をしたい方は入り口で「食事をする」というとテーブルに案内してくれます。

毎夜、ゴギゲンな演奏が聴けるB.B.King Blues Club 毎夜、ゴギゲンな演奏が聴けるB.B.King Blues Club

音楽だけでなく、南部料理も楽しめる

かつてはB.B.もたまに出ていたようですが、今ではハウスバンドThe King Beezを中心にB.B.スタイルのブルースマンなどが出演しています。演奏力は、ビール・ストリートの中でもピカイチとの評判です。ホームページ(www.bbkingblues.com/memphis)があるので、事前にメニューや演奏スケジュールをチェックしていくといいですね。私が行った夜はハウスバンドで、お客のリクエストにも応じていました。ちょうど私が行った1週間前にプリンスが亡くなったこともあり、彼の曲を演奏していましたが、かなりのブラックミュージックの味付けの演奏で、オリジナルとはまた違ってました。ちなみに私は、お酒と食事も楽しみました。メニューは南部料理が中心で、リブステーキやBBQポーク、キャットフィッシュ(ナマズ)のフライなどはボリュームたっぷり(メインは15〜20ドル)。軽食ならサンドイッチやハンバーガーもあります。隣にはショップもあるので、記念にTシャツなど買っておくといいお土産になりますよ!

B.B.の店でナマズのフライを注文! B.B.の店でナマズのフライを注文!

ロカビリー好きならジェリー・リー・ルイスの店

ビール・ストリートの他の店も紹介しましょう。B.B.King Blues Clubの向かいにある「Blus City Cafe」もブルースやアメリカンロックを中心ににぎわっています。他の店は普通はチャージはなく、また料理の値段もB.B.の店より安めです。他にも通りには「Alfred’s」、「Rum Boogie」などたくさんのライブハウスがあります。ブルースというより、ソウルやサザンロックに近い店もあるので、表を歩いていて気になったら入ってみましょう。通りの東の外れの方には、ロックンロール創世記のスター、ジェリー・リー・ルイスの店「Jerry Lee Lewis Cafe & Honky Tonk(jerryleelewismemphis.com)」もあります。本人はさすがに高齢で出てはいませんが、彼のスタイルであるブギウギスタイルのピアノによるロカビリーバンドの演奏が聴けます。(その3に続く)

ジェリー・リー・ルイスといったら「火の玉ロック」 ジェリー・リー・ルイスといったら「火の玉ロック」