エルヴィスの名曲の名をつけたホテル

前編からの続きです。メンフィス・ロックンソウル博物館前を出たシャトルバスは、ダウンタウンを通って郊外に向かいますが、途中でリクエストがあればサン・スタジオにも寄るようです。バスの中では、ドキュメンタリー「エルヴィス・イン・ハワイ」のライブ映像が流れていました。最初に到着したのは、グレイスランド隣りにあるホテル「ハートブレイク・ホテル」です。もちろんエルヴィス初期のヒット曲から取られた名前です。これはグレイスランドの直営ホテルで、ホテル内はエルヴィス一色だそうですよ。ハートブレイク・ホテル出発は毎時55分です。

シャトルバスの中ではエルヴィスの映像を鑑賞 シャトルバスの中ではエルヴィスの映像を鑑賞

エルヴィスが住んだ邸宅へ

ハートブレイク・ホテルを出ると、次はいよいよエルヴィスが過ごした邸宅で、今は博物館となっているグレイスランドです。ここでほとんどの乗客は降りてしまいます。注意としては、グレイスランド内はツアーで回るので、混雑も予想すると閉館の2時間前には着いておいたほうがいいです。つまり、夕方のサン・スタジオ・シャトルに乗っても、間に合いません。なので遅くとも15:00着のシャトルには乗りましょうね。グレイスランド発は、毎正時。降りる人も多いが乗る人も多いです。“立ち”の乗車はできないので、待っている人が多そうだったら早めに並んでおきましょう。

意外に時間がないサン・スタジオ見学

次はいよいよサン・スタジオです。このスタジオの詳細は別記事で書きますが、エルヴィスが初レコーディングした場所であり、その他にも多くの著名なミュージシャンがここで録音をしています。見学はツアー形式になっており、シャトル到着の10分後ぐらいには始まるので、すぐにツアーチケットを買っておきましょう。ツアーは40分ほど。そのあと写真撮影などをしていると、あっという間に次のシャトルが来てしまいます。私はスタジオの記念Tシャツを買っている間に、もう次のシャトルがやってきて焦りました! サン・スタジオ発は毎時15分発です。サン・スタジオからダウンタウンまでは歩いて2km、歩いて帰る人もいますが、人通りが少ないので、シャトルに乗ったほうが賢明だと思います。

バスは無料ですが、満足したらチップを!

シャトルに乗って再びダウンタウンに戻ってくるのは、毎時30分。このバスの乗車自体は無料ですが、満足したら運転手の脇に置いてあるチップ箱に1ドル入れるのを忘れずに。シャトルバスの運行スケジュールは、季節によって変わることがあるので、必ず現地で確認をしてください。HPはwww.memphisrocknsoul.org/sunstudioshuttleです。