page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ニューオーリンズグルメガイド

ニューオーリンズのグルメ・伝統料理

食べ物を中心に考えると、あまり個性のないアメリカの都市にあって、ニューオーリンズを中心とするディープサウス(アメリカ最南部)エリアは特別な存在。ここでしか食べられない料理があるからだ。「クレオール料理」と呼ばれる伝統料理で、土着のクレオールの食材をベースに、フランス、アフリカやスペインの影響を受け成立したもの。ガンボやジャンバラヤといったメニューが、同じ南部の料理である「ケイジャン」にもあるので混同されることが多いが、クレオールのほうがより洗練されている。食事を目的にこの町を訪れるグルメも多い。(2015年編集部調べ)


ニューオーリンズのレストラン・屋台

「食」を目的に多数の人が訪れるところだけに、市内には至る所にレストランがあるが、旅行者には観光の中心であるフレンチクォーター周辺の店が利用しやすい。クレオール料理、クレオールよりスパイシーなケイジャン料理、その他シーフードをメインとするレストランが多く、美味しいと評判の店が多い。ただ観光地だけあって、価格はやや高めだ。安く食事をしたい人は、フレンチクォーターの一角にあるフレンチマーケットに行くといいい。市場の中の屋台では、高級レストランと同じメニューを手軽に食べることができる。

ニューオーリンズの水・お酒

水道水の飲用は衛生的には問題ないとされているが、場所によって当局から「煮沸してから使用すること」という警告が発表されることがある。飲み水について、地元のニュースに触れることが少ない旅行者は市販のミネラルウォーターを購入したほうが安心だ。アメリカでは、基本的に公共の場所(公園や路上)で飲酒は厳禁だが、フレンチクォーター周辺では意外に寛容。ただしお酒をガラス容器で持ち歩くことも禁止されているので、多くの人がプラスチックのカップにビールを入れて歩きながら飲んでいる。


現地ガイド発!ニューオーリンズのグルメ・料理最新情報

2018/02/26 グルメ

ニューオーリンズの庶民派おすすめレストラン「マザース」(後編)ボリュームたっぷりのプレート

ニューオーリンズ旅行イメージ-ハムはプレートに乗り切らなかったので別皿で来た。サイドティッシュだけでもお腹がいっぱいになりそう ハムはプレートに乗り切らなかったので別皿で来た。サイドティッシュだけでもお腹がいっぱいになりそう

「ニューオーリンズの庶民派おすすめレストラン マザース」前編からの続きです。メニューは、アメリカでは軽食の部類に入るのでしょうが、日本人にはボリュームたっぷり。ニューオーリンズ名物のサンドイッチ「Po’Boy(ポーボーイ)」は、レギュラーが11〜18ドル、スモールが10〜17ドル。パンはフランス領だった影響か、バゲットになっています。レギュラーもスモールも値段はあまり変わらないので、正直言って2人ならレギュラーにして半分ずつで丁度いい量です(笑)。もしくはそれにポテトサラダやフレンチフライ(3.5ドル〜)といったサイドディッシュをつけてもいいでしょう。値段が安いのはチキン、高いのはオイスターや…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ニューオーリンズグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるニューオーリンズの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ニューオーリンズのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!