食の宝庫、ニューオーリンズを食べ歩き!

歴史的な背景から、さまざまな食文化が栄えてきたニューオーリンズ。特にフランスやスペインなどのヨーロッパと、西アフリカの料理文化が融合したクレオール料理、さらにカナダからやってきた独自の食文化を持つアカーディアンに由来するケイジャン料理が有名です。もちろん、牡蠣やえび、カニ、クローフィッシュ(ザリガニ)など新鮮なシーフードも忘れてはいけません。アメリカでも有数のグルメな町では、ここでしか食べられないもの、思わずクセになるおいしいものが目白押し! 独自の文化とともに、長年培われてきた独自の食文化も存分に味わってくださいね。

クレオールにケイジャン料理、ニューオーリンズならではの味を楽しもう! クレオールにケイジャン料理、ニューオーリンズならではの味を楽しもう!

複数の食文化が融合した独自のスタイル

フランスやスペインの食文化に影響を受けたクレオール料理は、都会的で洗練された味。バターやベーコンを炒めたルウをベースに、たっぷりのハーブとスパイスを効かせて味を引き締めます。クレオール料理初体験のわたし、友達がランチに連れて行ってくれたのはガーデンディスとリクトの閑静な住宅地にある「コマンダーズパレス(Commander's Palace)」。友達が「有名なレストランだから絶対に一度は行っておくべき!」と力説していたのですが、それも納得。とにかくレストランの雰囲気が抜群で、スタッフのサービスも一流。ゴージャスな気分が味わえるので、記念日のディナーにもおすすめです。

素朴で庶民的な味に、ほっとひと息

一方のケイジャン料理は、地元で手に入る食材を生かした素朴でシンプルな庶民の味。小麦粉とオイルを煮詰めたブラウンソースをベースに、ハーブやスパイスの代わりに唐辛子を使います。中でも肉や野菜などの具を入れてチリペッパーなどの香辛料を効かせた炊き込みご飯の「ジャンパラヤ」や、野菜と魚介類、鶏肉、ソーセージを煮込んでオクラなどでとろみをつけたスープ「ガンボ」が有名です。ガンボはいたるところで食べましたが、いちばんおいしかったのはジャクソン広場近くにある「ガンボショップ(Gumbo Shop)」のもの。じっくり煮込んだチキンはやわらかく、とても濃厚な味でした。

一年中食べられる牡蠣は試す価値あり!

ニューオーリンズに来たら、絶対に食べたいシーフード。中でもぜひ試してほしいのが、生牡蠣です。いつも長蛇の列ができているる超人気店「アクメ(Acume)」が特におすすめ! ここでの人気メニューは、なんと言っても新鮮な牡蠣。生牡蠣にはレモンとピリ辛のカクテルソースを、グリルした牡蠣にはガーリックとパルメザンチーズをそれぞれかけていただきます。とにかく新鮮でおいしいので、何個でも食べられそう。実際にオーダーした数では足りなくて、もうひと皿追加したくらいです。ごはん時は特に込むので、並ぶ覚悟で行きましょう。