ドーナツなのに丸くない、それがベニエ

ニューオーリンズへ来たら、絶対に食べてほしいお菓子があります。それが「ベニエ(フランス語で「揚げた生地」という意味です)」。植物油でふっくらと揚げた四角いドーナツのことで、たっぷりの粉砂糖をまぶしてあるのが特徴。もちっとした食感と素朴で優しい味わいは、以前食べたことがあるような、どこか懐かしい味がします。しかも飽きのこないおいしさなので、何個でも食べられそうです。ちなみにこの「ベニエ」、ルイジアナ州の公式ドーナツにも認定されているそうですよ。

四角いドーナツ、ベニエには粉砂糖をたっぷりかけて 四角いドーナツ、ベニエには粉砂糖をたっぷりかけて

食べるならここ、老舗「カフェデュモンド」

どのカフェにも置いてあるベニエですが、中でも「カフェデュモンド」のものがいちばん有名です。1860年代初頭、フレンチ・クォーターのディケイター通りに本店がオープンして以来、ベニエとカフェオレにこだわり続けている老舗は、毎日24時間営業中(お休みはクリスマスとハリケーンが近づいた時だけ)! さすがニューオーリンズに訪れる人が「必ず一度は立ち寄る」と言われるだけあり、通りに面したオープンテラス形式の店内は常に大勢の人々でにぎわっています。いつ行っても順番待ちをしている人たちがいますが、比較的空いているのが夜。夕食の後、午後9時以降に行くと待たずに座ることができるようです。

ひとつずつ、お店で手作り。だからおいしい

実はそんな私も、ニューオーリンズ5日間の滞在中は足繁く通い、出来立てのベニエとカフェオレを毎日楽しみました。ここはアメリカでは珍しく現金のみの受け付けなので、席について注文を済ませたら先に会計(+チップ)を済ませます。ここのスタッフは外国人も多く、ニューオーリンズが国際的にも人気の都市であることを改めて実感させられます。ところで私のテーブルに付いてくれたのは、5日間のうちほとんどがアジア系のウェイトレスでした。そしてそのうちのひとりが「ここは人気店でお客さんがたくさん来てくれるから、その分チップがもらえてうれしいの」と話してくれたのがとても印象的でした。

おいしいコーヒーの秘密、チコリとは?

ベニエのお供に欠かせないのが、「カフェデュモンド」のカフェオレ。おいしさの秘密は、ブレンドされている「チコリ」にあります。昔から体に優しい食用植物として知られてきたチコリですが、ヨーロッパでは体を労わるハーブ野菜として愛用されていたとか。そしてこのチコリの根を挽き、焙煎したものを加えたのが「カフェデュモンド」のコーヒー。高い香りと深いコクが特徴です。コーヒーは店内でも販売されているので、ぜひおみやげにどうぞ。ちなみにフレンチクォーター内のギフトショップにも売られていますが、料金は少々お高め。なので「カフェデュモンド本店」で購入することをおすすめします。