page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

アメリカの観光地ニューオリンズ。ミシシッピ川を行く蒸気船「ナッチェス号」に乗ろう その3


景色に飽きたら船内散策を

船内レストランでは、ニューオリンズジャズの演奏が楽しめる 船内レストランでは、ニューオリンズジャズの演奏が楽しめる

「ミシシッピ川を行く蒸気船ナッチェス号 その2」からの続きです。40〜50分ほどで船は川を折り返します。今度は反対側の岸のほうを行くのですが(左側通行)、川辺の風景は行きとあまり代わり映えはしません。この頃になるとみなさんは川の風景に飽きてきて、思い思いに船内の散策を始めていました。船の一番後ろに回ると、大きな外輪が回っている姿を間近で見ることができますよ。売店では、Tシャツやキャップ、マグカップ、カードなどのナッチェス号グッズがいろいろ売っているので、のぞいてみるといいでしょう。

船内で行われるニューオリンズ・ジャズの生演奏

私は音楽に引かれて、デッキフロアの下にあるレストランへ入って行きました。食事をしていたお客の大半はすでにデッキに移って中は空いていましたが、そのフロアの一番奥でジャズバンドがまだ演奏をしていました。ピアノ、トランペット、クラリネットの3人だけですが、1910〜20年代のニューオリンズ・ジャズ(ディキシーランド・ジャズとも)スタイルの演奏がとても心地よく、つい聴き惚れてしまいました。バンドの前には、十人ほどの乗客がいるだけ。この時間帯なら、特に何も注文しなくて席に座って聞いていてもいいようでした。それに屋内は冷房が効いていてとても涼しく、私は落ち着いてしまいました。もちろん、カウンターでドリンクを買って飲んでもOKです。

少しだけ上流に行き、折り返して終了

途中でミシシッピ川を折り返したナッチェス号は、出発点まで戻ってきましたが、今度はそこを通り過ぎて2kmほど上流の橋まで行き、そこでまた折り返します。このあたりはダウンタウンの中心で、船からはアメリカ水族館やコンベンションセンターなどの建物が見えます。上流で折り返すと、まもなく下船です。この時は乗客がいっせいに出口に向かい、船の片側に寄るので。けっこう揺れます。転んでケガをしないようにご注意ください。

食事付きもいいかもしれない

私が乗ったのは昼のクルーズの様子です。昼は川辺の景色が見えるのが利点ですが、夜のディナークルーズは、それはそれで雰囲気があるのでしょうね。ランチ付きにするかしないかですが、アメリカ、とりわけ観光地のニューオリンズでは物価が高く、レストランに入って座って食事をすると、ランチでも1500〜2000円はかかってしまいます。12ドル(約1400円)ぐらいの差額なら、食べ放題のビュッフェはお得かもしれませんね。ディナークルーズの食事付きは高いですが、きっと料理がもっといいのでしょう。それではミシシッピ川を行く蒸気船ナッチェス号のクルーズ、ぜひ試してみてください。
●蒸気船ナッチェス www.steamboatnatchez.com

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/08/04)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索